ロンドン五輪が2倍楽しめるジンクス〈その4〉

女子マラソンのメダル確率100%

2012.07.20 FRI


バルセロナ大会の有森裕子。沿道からの「アニモ!」(がんばれ!)という声に励まされて元気が出た、とのエピソードを覚えている人も多いかも。有森から続く「ヨーロッパ開催×女子マラソン」のジンクスを今回もつないでほしい 写真提供/GettyImages
バッキンガム宮殿に隣接するザ・マルを発着点に、ロンドン市内中心部を3周するコースで行われるマラソン競技。日本の女子からは重友梨佐、木崎良子、尾崎好美の3人が出場する。この女子マラソンで、日本のメダル獲得を示すある好データがある。それは、

「欧州開催の女子マラソンで、日本選手は必ずメダルを獲る!」

というもの。五輪種目に女子マラソンが加わったのは84年ロサンゼルス大会からと、第1回大会から実施されてきた男子と比べて日は浅い。だが、そのうち92年バルセロナ大会で有森裕子が銀メダル、04年アテネ大会で野口みずきが金メダルを獲得。

ちなみに歴史を振り返ると

1984年ロサンゼルス大会(アメリカ) メダルなし
1988年ソウル大会(韓国) メダルなし
1992年バルセロナ大会(スペイン) 銀:有森裕子
1996年アトランタ大会(アメリカ) 銅:有森裕子
2000年シドニー大会(オーストラリア) 金:高橋尚子
2004年アテネ大会(ギリシャ) 金:野口みずき
2008年北京(中国) メダルなし

となり、ヨーロッパで開催された大会では、必ず日本人選手がメダルを獲得していることが見て取れる。

今回の代表3選手で唯一、国際大会の経験がある尾崎好美は、09年ベルリン開催の世界陸上で銀メダルを獲得していることもあり、かなり期待できそうだ。

女子マラソンは8月5日の19時(日本時間)にスタートを切る。日曜のゴールデンタイムという絶好の時間帯で応援にも力が入りそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト