麺からサンドイッチ、お餅まで!

屋台で人気のアジアB級グルメ

2012.08.08 WED


タイのクイッティアオ・トムヤム・ヘーン。屋台によって味付けが異なり、いわゆる「トムヤム味」であったり、油そば味であったりと様々。具材は魚介・肉・野菜など
ここ数年、日本ではB級グルメが人気を博している。ご近所のアジア諸国にも、日本ではまだメジャーではないが、地元で親しまれているB級グルメがあるはずだ。そこで、旅に行ったら食べたいアジアのB級グルメを、屋台グルメに詳しいタイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト「バンサワイ」の運営者・いまむぅさんに聞いてみた!

「タイには安くておいしいB級グルメがたくさんあります。おすすめはバミー・ヘーンという、日本でもメジャーなタイラーメンの汁なしバージョン。中華麺に豚肉やわけぎ、パクチーなどの具を入れ、スープではなくにんにく油であえているので、ガッツリ食べたいというときにぴったり。同じくトムヤム・ヌードルの汁なしバージョン、クイッティオ・トムヤム・ヘーンもおいしいですよ」

なるほど。日本では汁なし麺にはあまりなじみがないが、タイでは人気のようだ。バミー・ヘーンは現地に行かずとも、日本のタイ料理店で食べられることも多いとのこと。では、麺以外にはどのようなものがあるのだろうか?

「ベトナムで人気のバインミーは、フランスパンにレバーペーストを塗り、なます(野菜の甘酢漬け)、野菜、ハム類などを挟んだサンドイッチ。フランス領だった名残のフランスパンと東南アジアの味付けが融合した絶妙な味わいで、さっくりした歯ごたえとスパイシーさが魅力です」

日本ではカツサンドなど独自のサンドイッチがあるが、ベトナムではパクチーやなますを挟んだ味が愛されているとのこと。バインミーは、日本でも専門店ができるなどここ数年人気のメニューだ。

「デザートでイチオシなのが、台湾の大餅包小餅(ダービンバオシャオビン)。文字通り、小さい甘い揚げ餅がクレープ状の大きなお餅に包まれているのですが、歯ざわりが良くサックサク。包まれている小さい揚げ餅は甘いあんやゴマのほか、カレーなどの甘くないものなどたくさんの味から選べるので楽しいですよ。台湾の夜市で小腹が空いた時に食べ歩きできる、ちょうどよいサイズです」

ガッツリ麺からあま~いデザートまで、屋台はお財布にやさしいグルメの宝庫。リッチなレストランもいいけど、この夏は海外でもB級グルメを堪能してみては? ただし、お腹の弱い方は生水や生ものへの注意をお忘れなく!
(斉藤陽子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト