OFFで役立つ!

野外でも安心の携帯トイレシャワー

2012.08.15 WED


本体サイズはノズル収納時で60mm×50mm×135mm。重量150g。タンク容量は140mlで、水または40℃以下のぬるま湯が使用可能。吐水量は約4.5ml/秒で、約30秒間洗浄できる。使用後はノズル収納前にタンク内の水を捨てること。さもないと筆者みたいに濡れます
最近のお子様は生まれながらにして自動洗浄までしてくれる温水洗浄便座で育ったため、映画館や駅といった公共のトイレで水を流さずに出てきちゃう、と一部で社会問題になっているとかいないとか。でも小学校で習わなかったんだろうかって、そうか、小学校ではウンチできなかったものね。

そんな温水洗浄便座ネイティブでなくとも、今や老若男女に問わず多くの人にとって生活必需品となった同製品。勢い、海外旅行やアウトドアといった温水洗浄便座のない地に出かける際は「トイレどうしよう? 紙だけでおしり拭くなんてありえない」と困っている方も多いのでは?

そんな高度に発達しすぎた文明人にオススメなのが、ミヨシのトラベルトイレシャワーです。

旅用に開発されたという携帯おしり洗浄シャワーは、なんと電池いらず。本体下部のポンプダイヤルを巻き上げ、水またはぬるめのお湯を注入し、本体からノズルを引っ張り出せば準備OK。後はノズル口を洗浄したい部分に狙いを定め、スイッチをスライドさせるとシャワーが出るという次第です。

実際にサンプルをお借りして使ってみたところ、家庭用の温水洗浄便座にも勝るとも劣らない水勢で、筆者の肛門もびっくり。この記事用にベランダでシャワーを上に向けて噴出させて撮影していたのですが、あまりに勢いが良いので2m離れたゴーヤにまで水が飛んでいきました。

キレイ好きなら必携の携帯トイレシャワー。筆者も長期の海外旅行に持っていこうかしら。
(熊山 准)

※この記事は2010年09月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト