OFFで役立つ!

脱三日坊主なスポーツダイアリー

2012.08.16 THU


手帳は42ページと薄いので、カバンに入れておいても邪魔にならない。標準のA5タイプのほか、小型のポケットサイズのものや、汚れにくく屋外で使いやすい撥水タイプなどがラインナップされている。続けていて飽きを感じたときは、How Toスポーツページを参考に自分の運動の仕方やメニューを見直すのも継続するのに効果的
男子も30歳が近づいてくると、お腹まわりが気になってくるもの。

一念発起して運動の目標を立てても、立てたことで満足してしまったり、目標が大きすぎたりで、なかなか運動の習慣が身につかない。大きな目標のためには、小さなことからコツコツと。でも、そのコツコツが苦手なんですよ…。

そんな人に試してほしいのがコクヨの「スポーツダイアリー」。90日間限定で、毎日の運動を記録していくことで、運動の習慣を身につけることを目指した手帳だ。

手帳の中身は「目標記入ページ」「フリー月間記録ページ」「フリー週間記録ページ」「How Toスポーツページ」「グラフページ」という5つのパートに分かれている。

使い始めたら、まず「目標記入ページ」に3カ月分の目標を記入する。目標に迷った場合は「How Toスポーツページ」が参考になる。その内容はスポーツ用品メーカーのミズノが編集協力したもので、ストレッチやウォーキングの正しいやり方から、運動の内容に応じたカロリー消費量と日々の運動量の目安など、運動を習慣的にするための目標作りに役立つ内容だ。実践的な内容で眺めるだけでためになる。。

「フリー月間記録ページ」には、目標どおりに運動できたか、どのくらい運動したかを記入できる。1カ月分を見開きで記入できるので、自分の目標達成度が一目瞭然。グラフページにもあわせて記入していけば、視覚的にもわかりやすい。「フリー週間記録ページ」には、毎日の運動で気がついたことや、体重変化などより細かな内容を書き込もう。

コクヨによれば、運動ができなかった日も必ず手帳を開いて、運動ができなかった理由を書き込むことを推奨している。大事なのは90日間毎日手帳を開いて書き込むことで、目標を常に意識することで運動の習慣化に結びつけられるという理屈なんだとか。

というわけで何でも三日坊主になりがちなアナタ、とりあえず手帳を開くところから始めてみるのはいかが。
(青山祐輔)

※この記事は2010年09月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト