OFFで役立つ!

旅中継も簡単!自転車用車載カメラ

2012.08.19 SUN


本体セットにはハンドル径26mm~31.8mm対応のアタッチメントや、マジックテープを利用したアタッチメントが付属する。メディアは最大16GBのmicroSD。充電はUSB経由で行い約2時間で充電が完了する
街を歩いたり、自転車で走っていたりすると、「あ、今の瞬間を写真や動画に撮れたらよかったのに!」ってことがありませんか? もう、目のなかにカメラを仕込みたいくらいなんですが、それは現段階では無理としても、自転車に適した車載デジタルビデオカメラを使うという方法があります。

サンワサプライの「400-CAM001」はわずか22gの超小型カメラ。ハンドル取り付け用や、ヘルメット取り付け用のアタッチメントが付属していて、自転車での走行動画撮影に最適化されています。

筆者は『世界ふれあい街歩き』(NHK)などの一人称視点の旅番組が大好きなんですが、このカメラさえあればあんな映像が一人で撮れるじゃん! と興奮してしまいました。もっとも、一人で動画を撮影しながらブツブツ独り言を話していると、どう見ても不審人物ですけどね。

このサイズではさすがにフルHDとはいきませんが、解像度は640×480ピクセルと、YouTubeやUstreamをするには十分。薄暗い日でも撮影できるよう最低照度1ルクスからの撮影が可能だったり、無駄な電力消費を抑えるよう音声に反応して自動で録画を開始・停止するなど、車載カメラ以上に防犯カメラとしても使えそうな便利機能も備えています。

かたや防水ではなかったり、連続撮影可能時間が最大で2時間と、やや心もとない部分もありますが、気軽に走行動画を撮ってみたいという人にはうってつけの専用カメラ。ビジネスシーンでも言った言わないを防ぐため、みんなが頭のてっぺんに装着すればいいかもしれませんね!
(熊山 准)

※この記事は2010年09月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト