思わず欲しくなるグッズ!

180mキャッチボール可な飛行遊具

2012.09.25 TUE


カラーリングはレッドとブルーの2種で、より簡単に誰もが遠くまで投げられるXジャイロエアライダー(1000円)もある。全国のトイザらスなどで販売中
少し肌寒くなる季節こそ外で元気に遊びたい。バドミントンやフリスビーなど、お出かけの理由になるような遊び道具はいろいろありますが、ここはひとつ全国の野球少年の間で話題になっているという“飛び道具”はいかがでしょうか。

アメリカ生まれのXジャイロは見た目は単なる輪っか状の物体ですが、手首のスナップをきかせ、本体を回転させながら投げれば、バビューンと一直線に180mほども遠くへ飛ばすことができるという爽快感あふれる新感覚のプレイトイです。

もともとはアメリカの大学生が回転軸運動と空気力学に基づいて発明したそうで、メーカーいわく「シンプルな構造ながら、二重翼飛行機の不変エアホイルと同じ方法で驚くほどの上昇力を生み出す」そうですが、何のことやらさっぱりわかりませんね。詳しくはYouTube動画などをご覧くださいませ。

これが、なぜ野球少年の話題に? といいますと、このXジャイロの投げ方がジャイロボールの練習にぴったりと全国の中学、高校の野球部で使われているのだそう。ジャイロボールとは何かといいますと、ボールの進行方向と回転軸が一致している投球のことです。そのジャイロボールのなかにもいろいろなパターンがあるのだそうですが、見た目「浮いているような感覚」で、フォークボールのような放物線の軌跡を描きます。

もちろん野球をたしなまない人でも、うまく投げられると遠くまで飛んでいく爽快感を味わえます。フリスビーのようにキャッチボールをするもよし、ラグビーボールの代わりにしてもよし、遠くからPK遊びをしてもいいですね。
(熊山 准)

※この記事は2011年11月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト