OFFで役立つ!

高度計内蔵の防水防塵耐衝撃デジカメ

2012.11.26 MON


広角28mmからの光学ズームは4.6倍。映像素子は1/2.33型ハイスピードCCDで画素数は1230万画素。このモデルよりフルHD(60i)のAVCHD動画が撮影できるようになった。防水性能ばかり注目されがちだが、防塵性能は海外の乾燥地帯に旅行される方にもオススメ
春夏秋の行楽シーズンのお出かけを前に新調したくなるのがデジカメ。画質の良いデジタル一眼レフや、持っているだけで気分が高揚する高級コンデジなどにも心惹かれますが、やっぱりカメラは撮影してなんぼのもの。いつでもどこでも臆することなくシャッターが切れるに越したことはありません。大事にするあまり「結局、旅行中ほとんど写真を撮ってなかった」なんて本末転倒ですよね。

そこでオススメしたいのが、防水・防塵・耐衝撃のコンデジです。別にアクティブなアウトドアの趣味をお持ちじゃなくてもいいんです。ちょっとした雨に降られたり、うっかり手から滑り落としてしまったり。そんな日常で起こりうるトラブルに対しても臆せずラフに扱える頑丈さのお陰で、たくさんの思い出が残る、その結果が大事じゃありませんか。

パナソニックのLUMIX DMC-FT3は、水深12mまで潜っても撮影ができる防水仕様のほか、-10℃の環境でも撮影ができる耐低温仕様に、防塵仕様、耐衝撃仕様と、おそろしくタフなコンデジです。

タフネス性能に加えGPSを搭載しているので、撮影地点の緯度経度データを写真に盛り込むだけではなく、内蔵コンパスによりカメラの向きを検知し、それらジオタグと方位からひもづけされた「地名」や「ランドマーク名」まで写真に記録することができるのです。

さらに気圧センサーをもとにした高度表示や気圧変化表示、前述したコンパスでの方角表示から、「自分の現在地」や「天気の予測」を知るアウトドアツールとしても活用できます。

これ1台でデジカメだけではなく、アウトドア用の計測機としても使えるFT3。「物や画質よりも思い出(写真)」を優先する方にこそ使っていただきたい逸品です。
(熊山 准)

※この記事は2011年05月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト