ずぼら男子のさくっとレシピ

和歌ネエの郷土料理「芋煮」

2012.10.11 THU

お夜食道場


【Recipe】
サトイモ 5~6個(皮を剥き、大きいものは半分にする)
ニンジン 1/2本(いちょう切り) ゴボウ 1/2本(ささがき)
牛肉細切れ 150g 厚揚げ 1枚(食べやすい大きさに切る)
コンニャク 1枚(手でちぎって茹で、あく抜きをしておく)
シイタケ 3~4枚(石づきを取り、食べやすい大きさに切る)
しょうゆ大さじ 4  酒大さじ 4  ネギ 1本(ななめ切り)

【作り方】
(1)野菜を材料の指示通りに切ったら、鍋でサトイモを水から煮る
(2)芋が煮えたら、材料の並びの順番に鍋に入れる。すべてに火が通ったら、しょうゆと酒を入れ、味をみて調整する
(3)食べる直前にネギを入れ、火を止める

【ちょっとひとこと】
基本は外で作るアウトドア料理です。芋煮の本場・山形では地域や家庭ごとに具材も違うのよ。味の決め手は肉とゴボウ、そしてシイタケ。味を濃くしたい場合は、しょうゆではなく、ゴボウを増やしてみてね。

【編集担当Sの感想】
郷土料理って心が温まります。ちょっと物足りないぐらいの薄味だけど、その分素材の本来の力強さを味わえました。

※フリーマガジンR25 210号「おつメシ道場」より

和歌ネエの郷土料理「芋煮」

大久保 聡=写真
たかはしよしこ=スタイリング

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト