水泳、サッカー、芝居、ダンス…

先生は一流プロ!のスクール増加中

2012.11.01 THU


キッズクラスで指導をする細川さん。「“水泳”というものが生活の一部になってほしい」という想いを胸に、指導にも熱が入る
写真提供/KITAJIMAQUATICS
最近、“プロ”が教えるスクールが増えているのをご存じだろうか? たとえば北島康介選手が設立したスイミングスクール「KITAJIMAQUATICS」。講師を務めるのは世界水泳メドレーリレーでメダルを獲得した細川大輔さんら、元トップスイマーだ。となると、レッスンも相当厳しいのでは…。

「大丈夫です(笑)。基本的には25m以上泳げる方が対象ですが、泳げない方にマンツーマン指導をするコースもあります」(チーフインストラクター・細川さん)

選手時代に培った経験をもとにした指導はとても理論的。陸上で行うトレーニングも取り入れ、理想的なフォームで泳げるよう指導してくれるそうだ。さらに年に一回北島選手が参加するイベントも!

また大阪のフットサルスクール「JOGARBOLA OSAKA」では、シュライカー大阪所属で日本代表の村上哲哉選手らがコーチを務める。

「競技の魅力を広めたいという思いから、選手自ら指導にあたっています」(村上選手)

なるほど。スポーツの普及活動という面を持っているのか。

同様に、本物の時代劇を残したいという想いで設立されたのが「日本時代劇研究所」。リアルな芝居で人気を博した“劇団新国劇”役者陣が指導にあたり、特別名誉講師には小林旭や浅香光代の名前も。

「侍と町人ではお辞儀の仕方ひとつとっても全然違う。台詞や殺陣も大切ですが、まずはそういう基礎の部分を指導します」(同研究所代表・山田貫太郎さん)

ネットの無料配信動画でダンスを学べる「RISING Dance School」というスクールも。DA PUMPのKENZOらがコーチだ。

「未経験でいきなりダンススクールに通うのはハードルが高いので、初心者でも場所を選ばず学べるスクールを開設したんです」(同スクール担当者)

どれも魅力的なスクールばかり。さて、どれに通ってみようかな?
(磯田大介/Office Ti+)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト