富士急ハイランドの絶望要塞が人気!

全国にある「巨大迷路」いろいろ

2012.11.09 FRI


7月にオープンした『立体迷路 カラクリ砦』。5階層からなる巨大な建造物のなかのコースを縦横無尽に動きながらゴールを目指す。5階層をすべて一度のゲームのなかで遊べる新感覚の迷路だ
今年7月28日のオープン以来、実に49日目、7万1032人目の挑戦者にしてようやく“初”の脱出成功者が誕生した、富士急ハイランド(山梨県)の脱出迷宮アトラクション『絶望要塞』。

まさに“脱出成功確率1/100000”の看板に偽りなしの難関ぶりだが、それだけ難易度が高いと尻込みしてしまう人も多いような気も。テーマパークのアトラクションとしては異例の難易度ですが…。それでも挑戦したい理由とはなんなのでしょうか。

「アトラクションは基本、乗り物のみが動くものが主流だと思うのですが、 それから一歩進んで、自分で考えて能動的に動き、脱出を成功させるということに魅力を感じる方が増えたのではないでしょうか」

そう語るのは、東京ウォーカー編集部の野口由利子さん。

絶望要塞に限らず、こうした“大人も楽しめる”巨大迷路は、レジャー施設や森林公園など、実はいろいろなところにあるのだとか。そこで関東近郊にある巨大迷路を野口さんに紹介してもらいました。

●『立体迷路 カラクリ砦』さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(神奈川県相模原市)
今年7月に新しくできた施設。世界初の5階建て迷路で、上下左右に進みつつゴールを目指すというもの。階段の登り降りがかなりキツイ。

●『忍者からくり格言迷路』日光江戸村(栃木県日光市)
いたるところにトリックが仕掛けられた、まさに“忍者”の迷路。壁には格言が貼られてあり、どれもうなずけるものばかり。ただしこれ、ゴールには何の関係もないんだとか。

●『巨大迷路』わらび平森林公園キャンプ場(群馬県高崎市)
なんと、脱出するのに1時間かかることも。キャンプの間の楽しみにはもってこい。

●巨大迷路 パラディアム(栃木県日光市)
4カ所のチェックポイントでスタンプを押してからゴールします。迷路の中にある高みをうまく使うのが攻略のヒント。平均脱出時間は40分です。

●『立体迷路』清水公園(千葉県野田市)
分岐点も多く難しい。入り口付近に、芸能人のサインが飾られています。

これからは色づく紅葉が見所になってくる季節。まだ経験したことがない人も、ドライブがてらレジャー施設やキャンプ場を訪れて、巨大迷路にチャレンジしてみてはいかが?
(中村未来/清談社)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト