恋文からプロポーズまで、恋愛代行サービス活況

デートプラン作成代行、1回○円

2013.03.07 THU


意外と多いのが“告白代行”。告白の方法やタイミング、言葉などをアドバイスしてくれて、必要とあらば、代わりに告白もしてくれるのだとか イラスト/もりいくすお
家事や買い物、お墓参りまで、多様化している代行サービスだが、今や恋愛に関しても代行してもらえる時代のようだ。

例えばラブレターの執筆代行。恋文屋.comは、深層心理セラピストの大崎智代子さんがカウンセリングを行い、相手との関係や本人の気持ちなどを踏まえてラブレターを作成してくれる。

「お手伝いをしたのは350人以上。月に4~5人のペースで、依頼者は20代前半から30代半ばが中心で男性も多いですよ。告白のラブレターは3割弱。付き合っていて関係がうまくいかない人が想いをしたためたり、パートナーに感謝の手紙を出したりといったケースの方が多いですね」(大崎さん)

お付き合いが始まったら、デートのプランニングも代行してもらえる。そのひとつが、ネット上でユーザー同士が経験や知識を売買する“ココナラ”。同サイトには「湘南・横浜の素敵なデートプラン」といった具合で、さまざまなデートプランが出品されている。1回500円で条件に応じたデートプランを提案してもらうことが可能だ。

男のけじめプロポーズにも代行サービスがある。さすがに、そのものを代行というわけにはいかないが、“場の演出”を代行してもらうことはできる。ブライダルリング専門店のアイプリモが運営する「プロポーズ準備室」もそのひとつだ。これまでに、『プロ野球の始球式でストライクを取ってプロポーズ』とか、『Jリーグの試合でPKを決めてプロポーズ』など、一風変わった演出をしてきた。同社広報部によると、「二人にとって特別な思い出にしたいという理由での応募がほとんど。“サプライズをされた彼女がとても喜んでくれたから、応募して本当に良かった”という意見が多い」とのこと。

告白からプロポーズまで、恋愛に関する代行サービスは多種多様。そのうち、付き合って3年目のマンネリ解消の代行サービスが始まったりして。
(コージー林田)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト