休日こそアクティブに!

国内レジャースポット ベスト10

2013.03.22 FRI


流氷スポットの北海道・知床半島沖では、天然記念物のオジロワシ・オオワシを見ることができる。アザラシの姿も多くみられるのだそう 画像提供/田中正秋/アフロ
雄大な海と山を有し、四季折々の変化に彩られる日本列島。自然を舞台にしたレジャーも盛りだくさんだ。

今回は、GW(ゴルデンウィーク)の旅行先をまだ決めていない――そんな人のために「旅先でやってみたいアクティビティ」の人気ランキングを調査してみた。それでは、ベスト10をご紹介!

●旅先でやってみたいことベスト10
1位 流氷ウォッチング (北海道網走・知床・紋別など) 137pt
2位 旭山動物園 (北海道旭川)135pt 
3位 スキューバダイビング・シュノーケリング( 知床、小笠原ほか) 128pt
4位 沖縄美ら海水族館 (沖縄) 103pt
5位 夜景クルージング (神戸など)98pt 
6位 富士山ご来光ツアー 95pt
7位 スノーモービル体験 89pt
8位 熱気球フライト(富良野・ニセコ、長野白馬・穂高など) 85pt
9位 軍艦島上陸ツアー(長崎県端島)75pt
10位 果物狩り(山梨県・長野県・福島県など) 68pt
(全国の25~34歳男性会社員500人に行ったインターネット調査(複数回答)を集計、協力/アイリサーチ)

「雄大な自然現象を見たい」「小さい頃からの憧れ」といった声を集め、堂々の1位に輝いたのは流氷ウォッチング。北海道の網走、知床、紋別などで、毎年1月中旬から3月中旬にかけて体感できる(その年の気候条件により異なる)。巨大船で流氷の海をガリガリ砕きながら進むクルージングや、着岸した「流氷原」の上を歩くツアーなど、楽しみ方も様々だ。今年は難しいかもしれないがぜひ来年こそチャレンジしてみて欲しい。

2位は北海道の旭川にある旭山動物園。野生における動物の生態が観察できる「行動展示」をいち早く取り入れた日本最北の動物園だ。昨年末にはキタキツネやエゾタヌキなど北海道の動物だけを集めた「北海道産動物舎」もオープン。アンケートでは「ペンギンの散歩が見たい」と同園ならではの手法に期待する声が多く寄せられた。

そして、北海道から沖縄まで、全国の海で体験できる島国日本ならではのアクティビティ。スキューバダイビング・シュノーケリングが第3位に。知床ではクリオネ、小笠原ではイルカ、沖縄では巨大な珊瑚礁群など、その土地ごとに違った海洋生物とふれあえるのが魅力だ。「スカイブルーの海を泳いでみたい」など、美しい海に憧れる声も多かった。

4位は沖縄美ら海水族館、5位に夜景クルージングと続いた今回の結果。いよいよレジャーシーズンが本格化するこの季節、これを参考に旅行計画をたててみてはいかがだろう?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト