思わず欲しくなるグッズ!

軽くて運びやすくてオシャレな七輪

2013.04.02 TUE


直径は28cm、高さは18cm。本体のほか、専用台座と焼き網、ロストル(炭の下に敷く網)が付属する
行楽シーズンを迎えて、アウトドアで遊ぶ機会が増えてきました。キャンプやバーベキューなど露天で楽しむ食事やお酒はまた格別です。でも、どうせならお弁当やケータリングだけでなく、作りたての料理をその場で味わいたいものですよね。

持ち運びが手軽な調理道具といえばカセットコンロですが、炭火を使う七輪も捨てがたいもの。雰囲気だけでなく、直火ならではの焦げ目や風味は格別です。そんな七輪の魅力を知るあなたなら、こんな七輪はいかがでしょうか。

『SEMITRAD 001』は、花瓶のようにも見える円錐状の形が特徴的な卓上型の七輪。この形は、単に奇をてらったものではなく、標準的な七輪に対して重量をほぼ半分(約2.5kg)と大幅に軽くすることに貢献しています。さらにステンレス製の台座に載っているため、テーブルの上などにも直接置いても、熱が伝わりにくいというメリットも。

アウトドア向けの調理道具を手がけているセミトラッドという会社が、建築家にデザインを依頼して作ったこの七輪、見た目こそ現代的ですが、素材は伝統的な七輪と同じ珪藻土を使い、製造方法も職人が手作業で削り出すというこだわりぶり。性能や使い勝手も一般的な七輪に引けを取りません。

SEMITRAD 001は、オシャレな外観とその軽さで、いろいろと活躍の場が期待できそうなアイテムです。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト