OFFで役立つグッズ!

手づかみ食べ時に指を汚さない手袋

2013.04.03 WED


サイズは、全長21.5cm、中指まわり7.2cm。3本指タイプのほかに、手のひらまで隠れるホールドタイプ、2本指タイプもライナップ。20枚セットで販売している
東京では平年より12日も早い桜満開宣言。すっかり行楽日和となり、外で過ごすのが気持ち良い季節になってきました。そこで楽しみなのは、美味しいお弁当やおつまみたち。彼女の手作りならもちろんのこと、たとえそれがコンビニで買ってきたおつまみでも、野外の景色を眺めながらつまむと、なかなか贅沢な一品に早変わり。

つまむと…、そう、お花見の席やアウトドアでは、つい手でつまんだりしますよね。お行儀が悪いとは思いつつ、そんな食べ方が許容されてしまうところが、また野外の食事のいいところだったりします。とはいえ、衛生的とはいえませんし、汚れた指を舐めたり、服で拭いたりするのも見苦しい感じ。

でも、『フィンガーエチケット』があれば大丈夫。このアイテムは、手づかみで食べるとき用の手袋なんです。

手袋といっても食べ物をつまむことが多い、人差し指、中指、親指の3カ所だけを覆ういわば“指袋”。その内側には指通りを滑らかにするために細かい凹凸をつけてあります。この凹凸により指と手袋の摩擦も少なくなり、装着もスムーズにできます。

スムーズに装着できるということは、つまり外れてしまいやすいのでは? と思うかもしれませんが、関節部分の加工に工夫が施されており、下に向けて振ったぐらいでは抜けにくいようになっています。

野外の食事に使うのもいいのですが、日常生活でも、キーボードを打つなど他のことをしながらフライドチキンやハンバーガー、ピザ、ポテトチップスなど、油っぽいものを食べるときなどに使えそうです。オフィスに常備しておけば、意外と使えるかもしれませんよ。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト