梅雨入り前にそろえたい!

「ハイテクユニーク傘」が続々登場

2013.05.01 WED


『レインボーフラッシュLED傘(大人用)』(1480円、全3色)。世界の面白グッズを集めた通販サイト「センチュリー白箱.com」で販売している。LEDを使っていながらもこの安さで、10万本を突破。西日本では、乗車スタッフ全員がこの傘を使用しているというユニークなタクシー会社もあるという
春風の心地よいさわやかな季節。だが、もうしばらくすると梅雨がやってくる。手軽なビニール傘もいいけれど、せっかくならお気に入りの傘で憂鬱なシーズンを乗り切ってみてはいかがだろうか? 最近ではユニークなハイテク傘も登場しているようだ。

まず、待ち合わせ時に重宝しそうなのが『レインボーフラッシュ LED傘』。一見普通の傘だが、ボタンを押せば柄の部分がLEDライトで7色に光り、ライトセーバーのよう。持ち手部分にも足元を照らすライトが付いており、夜道で照らせば防犯にもつながる。この機能が評価され、千住警察署から感謝状をもらったこともあるのだとか。

次に、ハンズフリーで使える『ヌーブレラ』も便利な一品。肩まわりをすっぽり包み込むドーム型の傘で、肩の上と脇の下に通す4本のベルトを使ってしっかり固定できる。キャンプや川遊びなどアウトドアで重宝するのはもちろん、通勤時も傘とカバンで両手をふさがれずにすむ。

一方、同じく“機能的”でもやや趣を異にするのが『Brelli』。こちらは世界初の“土に還る傘”だ。傘に使われている「BRELLLIX」という素材は地中で分解され、2~5年で土に還るという。製作したのはジョルジオ・アルマーニやマックスマーラを顧客に持つ、2人のアメリカ人有名デザイナー。タイでドリンクに飾られている傘にインスピレーションを受けてデザインしたというアジア風の傘だ。柄や骨はしなやかな竹でできており、風速17mの風にも耐えられる強さも魅力。

ほかにも、傘の内側に扇風機が付いており、湿度の高い雨の日も快適に過ごせる「ファンブレラ」や、電波を受信し、雨が降るときには知らせてくれる「天気予報傘」などというハイテク傘も登場している。

会話のネタにもなりそうな個性あふれる傘の数々。雨の日合コンに持っていけば、女性の気を引けること、間違いナシ?
(廣野順子/Office Ti+)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト