ずぼら男子のさくっとレシピ

和歌ネエ究極の楽ちん料理!「玉ねぎ焼いただけ」

2013.05.09 THU

お夜食道場


【Recipe】
玉ねぎ 好きなだけ
バター、しょうゆ 適宜

【作り方】
(1)玉ねぎを皮つきのまま、オーブンシートまたはアルミホイルを並べた天板に並べる(あとで洗い物の手間をはぶけるのよ)
(2)オーブン220度で25分を目処に加熱する。電子レンジオーブンでOK。大きい玉ねぎだと40分くらいかかるかも。竹串やフォークをさしてすっと通れば火が通った証拠
(3)半分に割って、固い皮を取り除いて、お好みの調味料でめしあがれ。写真ではバターじょうゆにしたけど、柚子胡椒もおいしいわ。4つ割にして、フレンチドレッシングやチーズであえてもいいサラダになるの

【ちょっとひとこと】
「手間なし」はオトコの酒肴作りの条件よね。だから今回はあえて本当に焼くだけの料理を紹介します。オーブンに並べて焼くだけ。オーブンにセットして、ゆっくり本でも読んでいれば焼き上がります。拍子抜けするようなシンプル調理だけど、玉ねぎの甘みが強調されて、おいしいの。ここでのポイントは“調味”ね。玉ねぎの甘さを引き立てる塩や酸味のバランスをどう組み立てるかってこと。バターじょうゆなら庶民派、チーズやドレッシングを合わせるとワインもいけちゃうオードブルに変身。たかだか玉ねぎ1個と侮るなかれってことかしらね。

※フリーマガジンR25 63号「酒肴道場」より

和歌ネエ究極の楽ちん料理!「玉ねぎ焼いただけ」

大久保 聡=写真

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト