婚活戦線拡大中!

出会える鉄道旅「鉄コン!」に迫る

2013.06.23 SUN


縁結びのパワースポット「秩父神社」(埼玉県秩父市)で、恋愛成就祈願! さっそくご利益があった人もいたようだ
6月9日、活況の婚活シーンで、ちょっと変わった街コンイベントが開催された。その名もロマンチックな『愛を探す列車の旅 The 鉄コン! in秩父』。西武鉄道の特急レッドアロー号を貸し切り、西武池袋駅から西武秩父駅までを旅する街コンイベントだ。

主催は、過去に貸し切り列車でメイドや執事との旅が楽しめる「メイドトレイン」「Butler’s Express」を企画した近畿日本ツーリスト。参加費は男性が1万2000円、女性が9800円と、ごく一般的な街コンに比べるとややお高い印象もあるが、「出会いだけでなく旅も楽しめるのだから、かなりお得!」と評判になり、申し込みが殺到したそうだ。

「同性2人単位の参加受付で、定員は男女各150名でしたが、キャンセル待ちも含めて最終的な応募は男性が240名、女性が230名。3月の募集開始当初は女性からの申し込みが多かったのですが、締め切り間際に男性の申し込みが急増しました」

そう答えてくれたのは、近畿日本ツーリストの後藤望香さん。どうやら、男性は女性の申込状況を様子見していたみたい。鉄道を貸し切るからと言って「鉄道ファン」が集まるわけではなく、旅という非日常のなかで、本気でパートナーを見つけたいと意気込む人も多かったようだ。

さて、イベント当日は朝8時半に西武池袋駅に集合し、レッドアロー号に乗車。車内では、「インドア派/アウトドア派」「希望する相手の年齢」などのデータをもとに指定席を割り振り、会話が盛り上がるように配慮したそう。実際、列車が走りだすと同時に、どの席も和気あいあいとした雰囲気で会話が弾んだという。

「西武秩父駅到着後のランチタイムに実施したビンゴゲームでも、『途中でビンゴカードを異性のグループと交換する』というルールを設けて、グループで楽しめるようにしました」

ちなみに賞品には、宿泊券や西武鉄道の一日フリーパスも。今回のイベントでお近づきになった異性との、次のデートにも役立ちそうだ。食事を終えた後は、縁結びのパワースポットとして知られる秩父神社を参拝。恋愛成就の特別祈祷を受け後、商店街へと移動して1時間半の自由散策。再びレッドアロー号に乗って帰路につくころには、仲良く話す男女が増えていたそう。

「今回は出会いの場を提供することに専念して、あえて告白タイムは設けませんでした。ですが、帰りの車内では半数以上の参加者が異性との会話を楽しんでいましたし、西武池袋駅で解散した後には、改札前に集まっている男女グループの姿も見受けられました」

なるほど。「旅を楽しみながら、まずはお友達から…」と考えている人にはいいかも。そんな鉄コン、次回開催については秋実施で進めている状況。また、近畿日本ツーリストでは「コン祭」サイトを立ち上げ、遊園地や温泉地で開催したりと、旅行会社ならではの街コンイベントを展開している。友達を誘って参加してみては?
(月川碧/blueprint)

※この記事は2012年6月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト