2012年末から、都内に店が増加中!

水タバコ「シーシャ」静かなブーム

2013.11.04 MON


黄さんいわく、シーシャは異国の文化に触れながら非日常を味わえるのが魅力だそう。ガラスでできた色とりどりのパイプも異国情緒たっぷり
都内で「シーシャ(水タバコ)」の店が増えているという。これまでも、取扱いのある店はあったが、最近ではグッズを買える店、シーシャ好きが集う店、シーシャと一緒にコーヒーなどを楽しめるカフェなど、その種類は様々。そこで、自由が丘にあるシーシャカフェ「カンノーク」の黄 丹翔さんに、その魅力と楽しみ方をお聞きしました。

「シーシャは、主に中東の国々で愛されている嗜好品。口に煙を含んで香りを楽しみながらリラックスするのが目的です。専用のパイプを使って、フレーバーのついたタバコの葉の煙を吸いますが、口に入れるまでに煙を水に通すため、水タバコともいわれます」

「水タバコ」という言葉は聞いたことがあるけど、普通の紙巻タバコとは、どう違うのでしょ?

「タバコの葉を直接燃やさず、炭で熱する点です。そのため、体内に摂りこむニコチン量は紙巻タバコに比べて少なく、タールは発生しないそうです。吸う時間も紙巻タバコより長いですね。当店では、1回に15~16グラムの葉を使います。フレーバーにもよりますが、この量で1時間半以上楽しめます。ずっと吸い続ける必要はなく、自分のペースでのんびり味わってください」

1回のお値段は1000~1500円で、フレーバーの種類によって変わる。フレーバーはフルーツ、カクテル、コーヒー、ミントなど数多くあり、大きく“スッキリ系”“スパイシー系”“スイート系”に分類できるそう。では、それぞれ人気のフレーバーを教えてください!

「“スッキリ系”なら『キューバンモヒート』。カクテルのモヒートのような香りで、ミントのスーッと鼻に抜ける感覚もあります。“スパイシー系”なら、『カルダモン』と『アールグレイ』。前者はエスニックなスパイスの香り、後者はアールグレイティーに似た香りです。“スイート系”は、コーヒーとナッツの深く甘い香りが特徴の『アラビアンナイト』ですね」

シーシャ愛好者には中東旅行をしたことのある人が多かったが、2012年末あたりからにわかにブームが広がりつつあるのもあり、仕事帰りのビジネスマンが立ち寄ったり、カップルがデートで訪れたりもするのだとか。

「シーシャは、ビールなどの炭酸やチャイとよく合う」と黄さん。いつもとはちょっと違ったお出かけコースとして、シーシャカフェにブラリ、なんて選択肢はいかが?
(有馬ゆえ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト