「世紀の大彗星」になる可能性も…

アイソン彗星の見頃&観測ポイント

2013.11.21 THU


日本天文協議会では「アイソン彗星を見つけようキャンペーン」を開催中。http://ison.astro-campaign.jp/ イラスト/峰フニ子(国立天文台の資料をもとに作成)
「アイソン彗星」とは2012年に発見された彗星で、一時は満月より明るくなるかも…という予測も出た。これが、11月末から12月初旬にかけて接近するのだ。

ちなみに、ISON(国際科学光学ネットワーク)の40cm反射望遠鏡で発見されたことから、この名前が付いた。国立天文台天文情報センター(東京・三鷹市)・専門研究員の臼田-佐藤功美子さんは言う。

「アイソン彗星の特徴は、太陽をかすめる軌道を持つこと。太陽に最接近するのは11月29日ですが、この前後2~3日は太陽に近づきすぎて観測が困難です。11月24日以前、または12月4日以降に明け方の東の空低くに注目してください」

最接近時の太陽との距離は約190万km。太陽の直径が140万kmなので、文字どおり「太陽をかすめる」彗星だといえる。その後、12月26日に地球から約6400万kmの距離を通過する際も、「世紀の大彗星」として夜空に出現する可能性がある。

なお、アイソン彗星が太陽に近づくのは今回の一度きり。これを受けて、各地で観測イベントが予定されている。

東京・六本木ヒルズの森タワーでは、「六本木天文クラブ」主催で12月6日~8日(4時~)に日本一高い屋外展望台「スカイデッキ」で観察会が行われる。天文台を有する宿泊施設、奈良・大塔コスミックパーク「星のくに」でも12月7日に観測会を行う(翌日早朝)。また、山梨県立科学館では「星を見る会~アイソン彗星特別観望会~」と題して、12月15日4時30分から展望テラスで観望会を実施する。静岡・浜名湖遊覧船では12月14日の夕暮れ時に「冬のアイソン彗星観望会」クルーズ(フラワーパーク港発着)が予定されている。

彗星は流れ星と違って、観測できる時間は長い。何らかのお願いをしてみると、ご利益があるかも!?
(石原たきび)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト