ももクロライブに236万回!

今、田中将大が買えるもの一覧

2014.01.24 FRI


ヤンキースではサバシアらに次ぐローテーション投手として、即戦力の期待がかかる田中。 ※画像はヤンキース公式サイトのスクリーンショットです
田中将大の移籍先がニューヨーク・ヤンキースに決定! 日本一の投手といっても過言ではない田中が“超金満球団”と結んだのは7年で総額161億円超の大型契約。年俸は約23億円だとか。

「俺の年収の何年分なんだ…」と思わず絶望的な気分になったビジネスマンも多いことだろう。だが、161億円といわれてもあまりに金額が大きすぎてピンとこないもの。そこで「161億円あったら何がどれぐらい買えるのか」を調べてみた。

まず、プロ野球チームの年俸総額を見てみると、上位から巨人(38億円)、中日(31億円)、ソフトバンク(24億円)といった金額。つまり田中は「巨人の全選手を4年間雇える」ということになる。

ややイジワルな比較だが、高校時代の田中と夏の甲子園で激突したライバル、斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ)の来季年俸は2800万円。つまり、「斎藤佑樹が575人雇える」ということに…。

また古巣・楽天の本拠地は、ネーミングライツ買い取りにより「楽天koboスタジアム」となったが、その金額が3年間で2億円。仮に田中が命名権取得を試みれば「Kスタに80回・240年間名前を付けられる」わけだ。来季から買い取ると、2254年まで「田中マー君スタジアム」という名前が残る!?

球界から離れてみよう。日本の企業を見てみると、情報システムや教育システムなどを手がける専門商社である内田洋行(149億円・以下すべて時価総額)、IT系企業のGMOクラウド(136億円)、『まっぷる』『ことりっぷ』などで知られる出版社の昭文社(116億円)などは買っても数十億円のおつりがくる。

また、田中といえばアイドル好きでも知られる。2月に行われるイベント「ももいろクローバーZ ももクロくらぶ×○×○ ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2014」のチケットは6800円なので、これを購入するとすれば「ももクロのイベントに236万7647回行ける」という、いくらアイドル好きとはいえ実現不可能な数字に。

イベントを自ら開催するとどうだろう。今や“アイドルの聖地”となりつつある西武ドームのライブ目的での使用料金は525万円。照明、機材レンタル代などを含めて1回600万円とすると、「ももクロのライブを2683回主催できる」。毎日観覧しても7年以上楽しめるので、2021年シーズンまではアイドルパワー全開の投球が見られそうだ。

ちなみに、米各紙で“美人”と報じられた夫人の「里田まい写真集『my life』」(2940円)は547万6190冊買うことができる。今さら妻の写真集を買いたいと思うかは不明だが…。

ただ、これだけの金額が支払われているということは、その分かかる期待も大きくなるということで、中途半端な成績では「金額に見合っていない」と米メディアにバッシングされることは必至。田中には、キャッシュマンGMに「安い買い物だった!」と思わせるような大活躍をしてほしいものだ。
(R25編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト