大誤審もなくなるか?

おさえておきたい!W杯の新ルール

2014.06.10 TUE


「給水タイム」が採用される目安は気温31度。厳しい暑さが予想される北東部、中西部でグループリーグを戦う日本代表の試合でも採用される可能性は高い
4年に1度のサッカーの祭典、2014 FIFAワールドカップ(以下、W杯)がいよいよ開催目前だ。日頃それほどサッカーに興味がない人も、この時期ばかりは全世界のサッカーファンと同じくテレビに釘付けになって、超一流選手たちの華麗なプレーに胸を躍らせることだろう。

さて、W杯は世界最大のサッカー大会であると同時に、国際サッカー連盟が取り仕切るサッカーの新ルールや新常識を世界中にお披露目する舞台という役割も果たしている。そして大会自体のルールも、回を重ねるごとに微妙な変更がされていることをご存じだろうか。節目となる20回目の記念大会でもある今回は、主に次のような変更点がある。

●「ゴールの機械判定」の採用
わずか4人の審判にゲームの進行を委ねるサッカーには誤審がつきものだが、なかでも「ゴール判定」の誤審は、過去のW杯でも物議を醸してきた。そこで2012年、FIFA本部で行われた国際サッカー評議会(IFAB)の会合によって、国際大会における「ゴールライン・テクノロジー」の導入が承認された。これまで審判の肉眼によって判断されてきた「ゴールラインを越えているか、いないか」の判定が機械化されることで、ゲームの勝敗を直接的に左右する大誤審は起こりづらくなりそうだ。

●暑すぎる環境での選手の体調を考慮した「給水タイム」を採用
サッカーの試合時間は前後半45分ずつ、間に15分程度のハーフタイムを挟むというのが昔からの常識だが、今大会では開催国ブラジルの高温多湿な環境と選手たちの体調を考慮し、「給水タイムアウト」が導入されることになった。試合開始時にピッチの気温を測定し、一定の条件が満たされれば、前後半に1度ずつ水分補給を行うためのタイムアウトが行われる。

●「ユニフォームをめくり上げるパフォーマンス」の規制厳格化
世界中が注目するW杯では、選手がユニフォームの下のアンダーシャツに書いた「メッセージ」を見せつけるパフォーマンスがおなじみだ。しかし、今大会からはこれが一律で禁止され、出場停止などの処分の対処になる。これまでも政治的、宗教的な主張や広告を示すことは禁止されていたが、一方で感謝の気持ちや追悼の意を捧げるメッセージもあり、規制の線引きが難しかった。今大会からは、あらゆる内容のメッセージを規制することで、グレーゾーンが排除される形だ。

ほかにも細かいルール変更はいくつかあるが、これだけ覚えておけば、観戦中に「以前と何か違うかも?」と違和感を覚えることもないはず。それではみなさん、よいW 杯を!
(呉 琢磨)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト