今年はちょっと豪華に…!?

年末年始9連休お勧め海外スポット

2014.09.26 FRI


オーストラリア・ケアンズで必見の世界遺産といえば、グレートバリアリーフ。こちらはその玄関口・グリーン島だ
今年の冬休みは、日の並びが最高。有休を多めに取得したりしなくても、12月27日~1月4日までの9連休を取れる人が多そうだ。それだけゆっくり休めるのなら、海外に飛んでみては? 今からツアーを選ぶなんてやや気の早い話と思うかもしれないが、年末年始の予約は秋がピーク。エイチ・アイ・エス営業戦略室の高司奈奈さんに、年末年始のツアー動向を聞いてみた。

「9連休をフルに使いたい場合は、やはり日程に余裕を持たせたいヨーロッパに注目。特にスペインのグループツアーに多くのご予約をいただいていますね。一方、9連休をフルで使わず、やや長めの日程で南のビーチ方面に行く旅行も人気。例年ならグアムで4日間、ハワイで5、6日間程度のツアーが多いのですが、9連休は+1~2日の日程でご旅行される人が多いようです。日並びが悪いと出発日が集中しますが、今年は出発日の人気が分散していて選びやすいのがポイントです」

どうやら、例年にはない過ごし方ができそうな様子。では、年末年始ならではのお勧めスポットは?

「南半球のオーストラリアは、年末年始が夏まっさかりのベストシーズン。世界遺産のグレートバリアリーフを見に行ったり、お子様連れならコアラとふれあうのもいいですね。人気の12月30日発ツアーでは、午前中出発の臨時便も用意されています。また、タイのビーチリゾート・プーケットも最高の季節。普段は就航していない直行便が年末だけ臨時で出ているため、アクセスしやすいのもうれしいところです。

そのほか、派手に年越しを満喫したいならロンドンがお勧め。ニューイヤーズ・イブ・ディナークルーズに参加すれば、観覧車『ロンドン・アイ』の花火やビッグベンが奏でる“イギリス版 除夜の鐘”を、数十万人の人混みにまぎれることなく観覧できます。クルーズから、優雅なライブミュージックに包まれて眺めるカウントダウンイベントは最高ですよ!」

あたたかいビーチリゾートでのんびり羽を伸ばすのも、マティーニ片手に豪華なカウントダウンを楽しむのも、どちらも魅力的。せっかく素敵な日並びなのだから、思い切って海外で年越し…。いかがでしょうか?

(菅原さくら/アバンギャルド)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト