黒田以外にも、「日本で見たい選手」はいろいろ…

日本に復帰してほしい選手1位は?

2015.03.26 THU

世論調査


黒田のほかにも、松坂大輔(福岡ソフトバンク)、中島裕之(オリックス)、田中賢介(北海道日本ハム)らが今季から日本球界へ復帰。期待通りの活躍ができるか!? 写真/Imasia
春本番! Jリーグ、プロ野球ともに開幕を迎え、スポーツファンにはたまらない季節になった。今季のスポーツ界の大きな話題のひとつといえば「黒田博樹のカープ復帰」だろう。「メジャーの巨額年俸を蹴って、出身球団への復帰を選んだ」というニュースは、大きな衝撃をもって迎えられた。一流選手が海外へ渡るたびに「スター選手の海外流出」を危惧する声が聞かれるが、今回の黒田のように、海外で実力を磨いた選手が日本へ戻り、その技術を披露してくれるなら、ファンとしてもうれしい限り。

では、ほかに「日本に戻ってきてほしい!」と思う野球選手、サッカー選手は誰だろうか? 20~30代の社会人男性200人にアンケート調査した(協力/アイ・リサーチ)。

●日本に戻ってきてほしいスポーツ選手TOP10
(上位3人まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 イチロー(元・オリックス) 258pt
2位 田中将大(元・東北楽天) 199pt
3位 ダルビッシュ有(元・北海道日本ハム) 198pt
4位 岩隈久志(元・東北楽天) 51pt
5位 上原浩治(元・巨人) 44pt
6位 青木宣親(元・東京ヤクルト) 38pt
6位 香川真司(元・セレッソ大阪) 38pt
8位 川崎宗則(元・福岡ソフトバンク) 29pt
8位 本田圭祐(元・名古屋グランパス) 29pt
10位 藤川球児(元・阪神) 25pt

上位3人が4位以下を大きく引き離す結果に。TOP10のうち8人をメジャーリーガーが占めるなど、改めて野球人気の根強さを実感させられる。以下に、それぞれの選手に寄せられた、ファンからのラブコールをご紹介しよう。

●1位 イチロー 258pt
上位3人の中でも頭一つ抜けて1位に輝いたのは、やはりイチロー。今季からマイアミ・マーリンズに移籍した41歳のベテランに「最後の活躍を期待している」(36歳)、「基本的に若い人は海外の一線で頑張って欲しい。イチローは十分活躍したと思うので凱旋してもいいと思うから」(29歳)、「現役最後の姿は日本で見たいからです。自分の中では今まで見てきた中で、最高のバッターだと思うからです」(36歳)という熱いコメントが集まった。「最後は中日へ!」(34歳)という愛知県の方からの声も。確かにイチローは愛知県出身で、“日本に復帰するなら中日”という噂もあるが…。実際にはどうなる!?

●2位 田中将大 199pt
2013年の「シーズン24勝」という球史に残る活躍も記憶に新しい田中。「高校の時から応援していて、また近くで見たいから」(34歳)、「今度は日本シリーズを含めた全試合無敗を達成してほしいから」(27歳)などの声が集まった。メジャー移籍の際には7年で総額161億円という大型契約も話題になったが、「日本をもっと盛り上げて欲しい。寄付金でも募ってメジャー以上の報酬を与えてはどうか?」(38歳)という案も。

●3位 ダルビッシュ有 198pt
右ヒジ靭帯の手術を受けることを発表したダルビッシュ。「北海道日本ハムのファンだから」(39歳)、「今の日本でエースらしい投手がいないから」(38歳)という意見のほかに、「メジャーに行くと怪我をするから」(39歳)という声が寄せられた。右ヒジ靭帯のケガは、これまでも松坂大輔、田中将大など多くの日本人投手が経験しており、メジャーの中4日の先発ローテーションが原因なのでは、という意見もある。「だったら日本球界で“無双”し続けるダルビッシュが見たかった」と思うファンが多いのも無理はない?

●4位 岩隈久志 51pt
4位にランクインしたのは、現在シアトル・マリナーズに所属する岩隈。メジャー移籍後は9勝、14勝、15勝とハイレベルな結果を残し続けており、「実績があるから」(36歳)、「活躍しているから」(31歳)など、その経験を評価するコメントが多い。

●5位 上原浩治 44pt
クローザーとしてボストン・レッドソックスを世界一に導いた上原には、「巨人ファンだから」(29歳)、「デビューのころからファンだったから」(38歳)、「日本の選手に技術を伝授してほしい。上原選手は若手の手本になりそうだから」(37歳)などの声が集まった。今季の巨人のクローザーは、経験の少ない澤村が務める予定。不安の残る巨人リリーフ陣に戻ってきてほしいと願うファンは多い?

自分の贔屓チームに「戻ってきてほしい」選手は? そんな想像を膨らませるのも、スポーツの醍醐味。今シーズンも、思い切り楽しもう!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト