コンプレックスを、楽しもう

運動オンチも楽しめるスポーツ3選

2015.04.09 THU


運動が苦手な人間にとって、爽やかにスポーツを楽しむのは一種の憧れですよね。自分は運動が苦手だからスポーツに縁がないなんて思っていませんか? もしそう思っているなら、ちょっと待ってください。それはあなたの思い込みに過ぎません!

高校までの体育の授業では、球技や陸上、武道が主な内容です。団体競技であったり、記録や勝敗を競う競技であったりするので、運動神経がいい人が活躍するのは言わば当たり前ですよね。運動が苦手であるために、チームの足を引っ張ってしまったり、恥ずかしい思いをしたりして、ますます運動嫌いに…と悪循環にはまってしまう人は少なくありません。ところが、広い世の中には、人と競わず自分がただ楽しむためのスポーツが多く存在するのです!

「体育」から解放された今、苦手だから運動しないなんてもったいない! 今回は、運動神経のよしあしに関係なく楽しむことのできる3つのスポーツ――スキューバダイビング、乗馬、ヨガ(※体を動かすことを楽しむという意味でスポーツとしています)についてご紹介しましょう。

●スキューバダイビング
ハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、実はスキューバダイビングはサーフィンなどと異なり、気軽に始められるマリンスポーツです。海の中の世界はとても神秘的。船の上で感じる太陽も、陸上とはまた違う気持ちよさがあります。浮き沈みは呼吸と機材でコントロールするので、上手に泳げなくても大丈夫。ちょっとしたコツを掴めば誰でも潜ることができるのです。ライセンスがなくてもダイビングが体験できるスポットもあるので、まずはそれを試してみてもよいでしょう。一番簡単なライセンスであれば3日程度で取得できます。海外リゾート地にある日本人向けのダイブショップに行けば、旅行感覚で取得することもできますよ。

●乗馬
初心者はまず馬に乗り、コミュニケーションをとることから始めます。上級者になると大会等もありますが、趣味としてであれば無理して上を目指す必要はありません。自分が楽しむことを優先するとよいでしょう。乗馬は生き物と楽しめる数少ないスポーツです。動物好きな人はもちろん、動物が苦手な人でも、馬のかわいらしさと賢さのとりこになることも多いそう。馬とのタイミングがぴったり合ったときには、他のどのスポーツにもない幸福感と一体感を味わうことができます。運動神経は必要ありませんが、筋肉を使うため、知らず知らずのうちにエクササイズ効果を得られたり、姿勢が良くなったりするという利点もあります。普段なかなかお目にかかることのないスポーツではありますが、インターネットで検索すると意外と多くの乗馬クラブが見つかります。近くの乗馬クラブを一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

●ヨガ
ヨガについては、もはや説明不要なほどポピュラーになっていますね。そもそものルーツが修行であるため、当然ながら人と競うことを目的としていません。人と比べるのではなく、向き合うのはあくまで自分の体。インストラクターや周りの人と同じようにできなくても気にすることはありません。運動が苦手でも、体が固くても、それぞれのペースで取り組むことができます。また、一口にヨガといっても、激しい動きのものから瞑想を中心としたゆったりした動きのものまで様々なタイプがあります。自分にあった難易度を選ぶことができるのも嬉しいですね。

適度に体を動かせば、心身ともにすっきりします。ストレス解消や健康維持にも、運動は欠かせない要素ですよね。これらのスポーツに共通するのが、

・特殊なウェアや機材を最初に用意する必要がない(大抵レンタル可能なので、買い揃えるのは本格的に始めてからでもOK)
・一人でも始められる(球技などと違い、チームを集める必要がない)
・年齢を重ねても楽しめる(筆者は60代の夫婦と一緒にダイビングをしたこともあります!)

という点です。苦手だから運動しないのではなく、苦手でもできる運動を始めてみませんか? お試し感覚で気軽に始めてもよし、一生の趣味とするもよし。あなたが今まで知らなかった新しい世界がきっと開けることでしょう!


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト