道に迷ったり、忘れ物したり…TOP10はこちら

カップルが旅先で喧嘩する理由1位

2015.04.26 SUN


楽しいはずの旅行なのに「長時間一緒に過ごすことにより、嫌な面を多く見て帰国してすぐに別れた」(39歳・女性)など、相性の悪さが浮き彫りになることも。旅行に行ってみないと分からない相手の一面もあるのかも?
GWを控え、恋人と旅行の計画を立てている人も多いはず。しかし、四六時中行動をともにする旅行中は、どんなに仲の良いカップルでも些細なことでケンカになりがちだ。実際、恋人と旅行に行ったことのある20~30代独身男女194人にアンケートを行ったところ、実に70.6%が「恋人と旅行中にケンカをしたことがある」と回答した(協力:ファストアスク)。

では、一体どんなことが原因でケンカになってしまうのだろう? その理由を尋ねてみると、次のような結果に。

●旅行先での恋人とのケンカの原因TOP10
(対象:「恋人と旅行中にケンカをしたことがある」と回答した男女137人 複数回答)

1位 車の渋滞によるイライラ 31.4%
2位 道に迷った 22.6%
3位 すぐ「疲れた」と言う 21.9%
4位 旅先でどうするのかノープラン 19.7%
5位 移動が強行スケジュールすぎて疲れた 15.3%
6位 大事なモノを忘れた 13.1%
7位 旅の手配は任せきりだったのに、旅の内容に文句を言った 11.7%
8位 旅先で行きたい場所ややりたいことがバラバラ 9.5%
8位 思わぬトラブル 9.5%
10位 電車が混んでいてイライラ(座れないなど) 8.8%

1位の「渋滞」や3位の「すぐ疲れたと言う」など、やり場のないストレスを相手にぶつけてしまっては険悪なムードになって当然。また、2位の「道に迷う」や4位の「ノープラン」のように、事前の準備不足が招くトラブルでケンカになるケースは多い。実際、「彼氏が行きたいと言っていたレストランの場所がわからず、事前に調べてもいなかった」(29歳・女性)、「宿泊先を決めておらず、結局どこも空いてなくて車の中で寝る羽目になった」(39歳・女性)などの声も。

このほか、「職場から1日に何度も連絡があり、すべてに応対していたら彼女が『遊びに来てるのか仕事に来てるのかわからない』と怒り出し携帯を壊された」(39歳・男性)、「旅先は親戚の家が近かったから彼を紹介したかったが、拒否されてケンカになった」(30歳・女性)など、原因は様々。なかには「旅先で生理になったら、『何のために来たの?』と言われた。イラッとしてそのあと全くしゃべらなかった」(29歳・女性)なんてエピソードも…。

旅行にトラブルはつきもの。ケンカにならないために大切なのは、たとえトラブルが起きても相手を思いやって楽しもうとする姿勢なのかも。絆を深めるはずの旅行が別れの原因に…なんてことにならないよう、GWに旅行の予定があるカップルはくれぐれもお気をつけて!

(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト