正しいやり方をマスターして、脱!メタボ

夏前に予習!筋トレ勘違いあるある

2015.04.28 TUE


腕立て伏せや腹筋、背筋などは自宅でも手軽に始められる。夏までに余分な脂肪を落とすためにも、まずは1日5分からこつこつと続けることが大切だ!
あと2か月もすれば夏本番。海やプールなど水辺のレジャーが楽しい季節を前に、今からあれこれと遊びの計画を練っている人も多いだろう。しかし、気になるのは学生時代とはかけ離れたメタボボディ。ポッチャリお腹のままでは、女子から冷ややかな視線を受けることになりかねない。そろそろ筋トレを始めようと考えている人も少なくないであろうこの時期こそ、筋トレの勘違いあるあるを予習しよう!

●勘違いその1「効果を期待してとにかく回数をこなす」
筋トレにはこなす回数よりも、正しいフォームで行うことが重要。間違ったフォームで回数をこなしても、筋肉に正しく刺激を与えられず、効果を得にくい。例えば、腕立て伏せの際、腕や胸に正しく負担をかけるには、両手を肩幅よりやや広めの位置に置き、体幹(腹筋・背筋)を意識して体をまっすぐキープしたまま、ひじが90度になるまで曲げることを意識しよう。

●勘違いその2「筋トレをすればすぐに痩せる」
筋トレのやり方次第ではあるが、基本的に筋肉がつくとは、筋量が増加するということ。その分、体は大きくなるため、筋トレ=痩せるとは一概には言えない。ただ、例えばお尻と太ももの間の脂肪をスッキリさせると、お尻の位置が上がって脚長に見えるなど、ボディラインの変化による見た目の効果は期待できる。また、筋量が増えれば基礎代謝も向上し、脂肪燃焼も早くなるため、一時的に太くなったと感じても結果的には痩せやすい体質にはなるだろう。

●勘違いその3「早く効果を得たいから毎日筋トレする」
筋トレはたくさんすればするほど効果的、というものではない。そもそも、筋肉はトレーニングなどの負荷によって傷つけられた筋繊維が修復する際に太くなるので、効果を高めるためには十分な栄養と休息が必要だ。しかし、腹筋に関しては他の部位よりも回復が早いと言われているため、毎日やっても効果が期待できるだろう。また、日によってトレーニングを行う部位を変えながら1週間のサイクルを作るなど、メニューの構築に工夫しよう。

●勘違いその4「時間がないから筋トレできない」
時間がかかるイメージから筋トレを忌避してしまう人も少なくないが、1日5分程度でも毎日こつこつと続ければ一定の効果は得られる。時間的余裕に合わせて、プラスアルファメニューを加える方式で行うなど、やり方を工夫すれば無理なく続けられるだろう。

●勘違いその5「毎日まったく同じトレーニングをこなす」
筋トレは“漸進性”が原則。ずっと同じ負荷や回数の運動を続けているだけでは進歩せず、ある一定の成果で止まってしまう。少しずつ、負荷と回数を増やしていくことが重要だ。また、例えばスクワットを行う場合は、日によって足の幅を変えるなど、同一部位のトレーニングでも筋肉に加わる刺激を変化させることで、より高い効果を期待できる。

筋トレの効果は、一朝一夕に得られるものではない。海やプールで女子に注目されるためにも、今のうちから筋トレを始めて、メダボボディを脱しよう。ちなみに、男性のためのWebマガジン『メンズホロス』には、自宅でできる筋トレプログラムなども掲載されているので、気になる人は今すぐチェックしよう!
(出張・メンズホロス編集部)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト