開催までカウントダウン!LINEスタンプも登場

「東北六魂祭」今年の見所チェック

2015.05.22 FRI


秋田竿灯まつりは東北三大祭りの1つ。長い竹竿に提灯をぶらさげた竿灯を一人で持ち上げ、自在に操りながら練り歩く。
今年も「東北六魂祭」の季節がやってきた。5月30・31日の両日、秋田市で開催される。東日本大震災からの「復興の狼煙」としてスタートしたこのお祭りも、今年で4回目。およそ25万人が集まる夏の一大イベントとして定着した。

「震災からの復興」と聞くと、はしゃいではいけない気持ちになる人も多いかもしれない。だが、敢えて「お祭りとしての充実度」だけに目を向けて紹介したい。なにせこのお祭り、本当に盛りだくさんでお得なのだ。

●見所1:東北六県を代表する祭りが一堂に会する
青森ねぶた祭、秋田竿灯まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり――このパレードを2日間で“イッキ観”できてしまうのが最大のポイント。2時間15分をかけて、総勢1350人の出演者たちが1.2kmを練り歩く。その様は壮観の一言。

東北在住の方はともかく、それ以外の地域の方にとって、東北六県の名物祭りをすべて体験するのは、以前ならかなりお金と時間のかかる贅沢だった。「東北夏祭り周遊ツアー」もあるが、3~5日かけて「三大祭り/四大祭り」を巡り、10数万円かかるツアーがほとんど。これはなかなか手が出ない。不謹慎かもしれないが、「東北六魂祭はお得」と言って良いだろう。

●見所2:東北6県のグルメやステージイベントが盛りだくさん
各県の物産展のほか、各地の郷土芸能が広場でほぼ30分刻みのスケジュールで披露される。目移りしてしまうこと必至。ほかに有料のライブイベント「六魂Fes!」も開催される。今年の出演アーティストは、相川七瀬、サンプラザ中野くん、TRF、キング・クリームソーダ、モーニング娘。OG、川畑要(CHEMISTRY)、織田哲郎…などひときわ豪華な顔ぶれ。

ちなみに、今回の「東北六魂祭」は秋田開催ということもあり、秋田県出身の著名人5名が「秋田を応援し隊」を結成。ボランティアで盛り上げに一役買っている。元国連事務次長の明石康さん、脚本家の内館牧子さんのほか、佐々木希さん、壇蜜さん、柳葉敏郎さん…とこちらも豪華な面々だ。

特にファンには見逃せないのは、佐々木希さん、柳葉敏郎さんが「東北六魂祭」とコラボしたLINEスタンプ。それぞれ異なる表情&メッセージのスタンプが10種類ずつ登場している。公式キャラ「ロッくん」のスタンプ20種類とあわせ、5月31日までの限定ダウンロード。友だちに送って、「東北六魂祭」に誘ってみてはいかが?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト