2大レジェンドほかTOP10の顔ぶれは…

引退してほしくない40代選手1位

2015.05.29 FRI

世論調査


先日、ベーブ・ルースの安打記録も塗り替えて、まだまだ現役バリバリなところを見せつけたイチロー。これからも様々な記録を打ちたてそうだ ※画像はサイトのスクリーンショットです。
近年、医療の発達やトレーニング法などが進化していることもあって、ベテランの域を超えても活躍を続けるアスリートが増えてきた。そこで、現在もプレーを続ける40代アスリートのなかで「長く現役を続けてほしい」と期待する選手について、20~30代の男性200人に調査してみた。気になるランキングは以下のとおり。

●長く現役を続けてほしい40代アスリートTOP10
(1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptに換算して計算。協力/アイリサーチ)

1位 イチロー(41歳/メジャーリーグ)(383pt)
2位 三浦知良(48歳/プロサッカー)(161pt)
3位 黒田博樹(40歳/プロ野球)(137pt)
4位 山本昌(49歳/プロ野球)(93pt)
5位 葛西紀明(42歳/スキージャンプ)(80pt)
6位 武豊(46歳/競馬)(76pt)
7位 室伏広治(40歳/ハンマー投げ)(52pt)
8位 クルム伊達公子(44歳/テニス)(48pt)
9位 高橋由伸(40歳/プロ野球)(45pt)
10位 三浦大輔(41歳/プロ野球)(30pt)

やはりというか、野球とサッカーの「2大レジェンド」がワンツーフィニッシュ。特にイチローは2位の三浦知良にも大差をつけた。一方、今年「男気」を見せて広島カープに復帰した黒田博樹も3位に食い込むなど健闘。それぞれの選手に寄せられたコメントを見ていこう。

【1位 イチロー(41歳/メジャーリーグ)】
「メジャーの記録、日本人としての記録をどんどん出してほしい」(24歳)、「頑張っている姿がカッコよくて、応援しているから」(25歳)、「このまま活躍して欲しい」(31歳)、「走攻守と全てにおいて一流だと思うから」(38歳)、「達成可能な記録がいろいろありそうなので、長く現役を続けてそれらを達成して欲しい」(36歳)


【2位 三浦知良(48歳/プロサッカー)】
「いつまでも活躍する姿を見ていたい」(28歳)、「還暦までできそう、まだまだ若い」(37歳)、「やっぱかっこいいです。60歳まで現役希望」(37歳)、「引退することが考えられない」(37歳)、「今後誰にも抜かれないような記録を作り続けてほしい」(38歳)

【3位 黒田博樹(40歳/プロ野球)】
「いつまでもスターであって欲しい」(39歳)、「まだまだいけるから」(31歳)、「男としてかっこいい」(39歳)、「子供たちのお手本になるし考え方がしっかりしてるから」(36歳)、「海外でも活躍した経験を日本の若手選手に還元してほしいと思う」(31歳)

【4位 山本昌(49歳/プロ野球)】
「今シーズンで50歳なのにまだ現役であり日本記録の更新が期待できるから」(35歳)、「最年長だから。50までやって欲しい」(38歳)、「応援している選手だから」(37歳)、「最年長記録を更新してほしい」(34歳)

【5位 葛西紀明(42歳/スキージャンプ)】
「今後もレジェンドとしてより永く君臨してほしい」(38歳)、「年齢がいってからの活躍がすごいから」(37歳)、「メダルもとったりしていて、最前線にいるので」(33歳)、「これからも記録を作って欲しい」(29歳)

そのほか、6位以下に寄せられたコメントを抜粋すると…【6位 武豊(46歳/競馬)】→「競技への取り組みやフェアプレーなど人格面でも素晴らしいとおもうので現役として長く頑張ってほしい」(33歳)、「偉大な記録を伸ばし続けてほしいから」(37歳)、【8位 クルム伊達公子(44歳/テニス)】→「長く活躍してほしい」(36歳)、「成績がすごいので」(33歳)、【10位 三浦大輔(41歳/プロ野球)】「200勝してほしい」(36歳)など各プレーヤーに対する熱い思いが集まった。

アスリートにとって40代は、ケガなどをすれば即引退につながりかねない年齢でもある。そんなリスクをものともせず一流のプレーを魅せ続けてくれるからこそ、その姿は美しく見えるのかもしれない。偉大な選手たちが1日でも長くプレーしてくれることを願うばかりだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト