20代独身女性200人に調査。絶対イヤなこと1位は?

女子がキャンプで嫌なことTOP10

2015.05.31 SUN

世論調査


最近は様々な形のテントが普及し、熱がこもりにくい風通しのよいタイプのものも。お金で解決できる問題もたくさんあるとは言えそうです 画像提供/polkadots / PIXTA(ピクスタ)
いよいよ本格的なキャンプシーズンの到来。近年はホテルのように快適な環境でくつろげる「グランピング」や「都会のキャンプ場」などスタイルが多様化。テント持参でフェスに参加する光景もお馴染みとなった。女性同士でキャンプに行く人も増えている。ただ、その一方でキャンプの楽しみ方には男女差があるようだ。“非日常”がキャンプの醍醐味とはいえ、女性的には「これだけはイヤ!」と思ってしまうことも多いという。そこで20~30代の未婚女性200人にアンケートを行った。男性諸君は、彼女とキャンプに行く前にぜひチェックを!

〈キャンプで絶対にイヤなことTOP10〉
(1~2位を選択してもらい、1位=2pt、2位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)
1位 トイレが汚い 203pt
2位 テントの中に虫が入ってくる 110pt
3位 お風呂に入れない 93pt
4位 虫刺され 65pt
5位 テント内が汗臭い 35pt
6位 テント内が蒸し暑くて眠れない 33pt
7位 清潔とは思えない鉄板や網で焼くBBQ 28pt
8位 夜の冷え込みが激しい 13pt
9位 土で汚れる 7pt
9位 後片付けが面倒 7pt

男性陣も気になるトイレ事情がダントツ。そのほか、苦手な人が多い「虫」に関する項目が上位にランクインした。女性陣から寄せられた“悲鳴”は以下の通り。

【1位 トイレが汚い】
「臭くて、夜こわい」(34歳)
「ほかに楽しい時間を過ごせたとしても、これだけですべての楽しかった時間を覆すくらい、不快感を感じるから」(31歳)
「ただでさえお風呂に入れないのに、トイレが汚かったら帰りたくなる」(34歳)
「必ず必要な物なので。グループ内で汚した分を掃除するのは良いが使う前に汚いのは抵抗がある」(34歳)
「衛生的に良くない」(26歳)
「生理的に受け付けず、吐き気がする」(39歳)

【2位 テントの中に虫が入ってくる】
「虫がとても苦手なので。寝る環境ではなくなる」(39歳)
「刺されていなくても飛んでいるだけで体がかゆくなる」(28歳)
「虫が大嫌いだから。絶対眠れないし、鳥肌が立つ」(35歳)
「大嫌いだから。テントでなく車で寝る」(31歳)

【3位 お風呂に入れない】
「フロは1日の疲れをとるために必要だから」(26歳)
「汗でべとべとのはずだから入りたい」(37歳)
「必ず一日の終わりにお風呂に入りたい。 お風呂に入らず一日を終えて、次の日もその体のまま過ごすなんて考えられない」(24歳)
「不衛生だと思うから」(39歳)

【4位 虫刺され】
「跡が残りやすいし、かゆみに耐えられない」(29歳)
「かゆいのと痛いのが一番嫌いだから」(30歳)
「とにかく嫌。虫は蝶でも嫌なので、なるべく関わりたくない」(37歳)
「さされやすいから」(33歳)
「不快すぎる」(34歳)

【5位 テント内が汗臭い】
「匂いはどうしようもできない」(23歳)
「夜はぐっすり寝たいから」(39歳)
「ある程度は仕方がないが、気分が悪くて寝られなそうだから」(38歳)
「においに敏感なので」(37歳)

トイレのほかにも、お風呂やテント、BBQアイテムなどが「清潔かどうか」を気にする女性が目立つ。また、臭いに敏感なのも、女性ならではといえそうだ。

なお、【2位 テントの中に虫が入ってくる】【4位 虫刺され】は、蚊取り線香や虫除けスプレーなどである程度は避けられる。女性と一緒に行くならぜひ準備したいところ。ただ、あまり神経質になりすぎると、“自然”を楽しむキャンプの魅力が半減してしまう。女性陣にも“キャンプ慣れ”していただけると有り難いのだけど…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト