もう一度見たい!80~90年代を沸かせた名選手TOP10

記憶に残るプロ野球外国人選手1位

2015.06.18 THU

世論調査


阪急ブレーブスの本拠地だった西宮スタジアム。数々の名勝負が繰り広げられたが、2005年に取り壊された 写真/PIXTA
タフィ・ローズ(元近鉄など)が、BCリーグ・富山に加入し、話題を呼んでいる。“いてまえ打線”の中軸を担って大暴れしたローズの姿が印象に残っている、というビジネスマンも多いだろう。富山では現在、2001年の近鉄優勝時の六番打者・吉岡雄二が監督を務めており、当時からのプロ野球ファンにはたまらない展開になっている。

では、ほかに「もう一度プレーが見たい」と思う外国人選手は誰だろう? 今回は80~90年代に活躍した選手を対象として、30~40代社会人男性200人にアンケート調査してみた(協力/アイ・リサーチ)。

〈もう一度プレーが見たい外国人選手TOP10〉
(上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 クロマティ(元巨人) 227pt
2位 バース(元阪神) 217pt
3位 ブライアント(元近鉄) 86pt
4位 デストラーデ(元西武) 83pt
5位 ガルベス(元巨人) 46pt
5位 ブーマー(元阪急) 46pt
7位 郭 源治(元中日) 33pt
8位 ポンセ(元大洋) 31pt
8位 オマリー(元阪神) 31pt
10位 ローズ(元横浜) 29pt

〈番外〉
11位 マルティネス(元巨人など) 21pt
12位 パチョレック(元大洋など) 19pt
13位 パウエル(元中日) 18pt
13位 郭 泰源(元西武) 18pt
15位 アニマル(元阪急) 16pt

本塁打王獲得者が実に5人! 球史に名前を残した、偉大な選手たちがズラリと並んだ。上位4人までを打者が占めており、やはり外国人選手といえば豪快なバッティングが印象に残りやすいようだ。

●1位 クロマティ(元巨人) 227pt
相手投手からヒットを打った際に自分の頭を指さし「おつむが違うぜ」とやったり、万歳三唱したり、お茶目なパフォーマンスが人気を呼んだ、80年代巨人の中心打者。「キャラクターが確立されていたから」(34歳)、「あの陽気さが見たい」(49歳)、「明るく陽気でパワーがあるバッティング」(45歳)などの声が集まった。「日本によく順応し、性格もよかったと思うから」(44歳)というコメントもあったが、巨人退団後は暴露本『さらばサムライ野球』を出版したり、映画『魁!!クロマティ高校』を提訴したりするなど、ややお騒がせな一面も…。

●2位 バース(元阪神) 217pt
「バース無くしてあの優勝はない 阪神ファンの神様だから」(46歳)、「阪神優勝の原動力で、インパクトが大きかったから」(44歳)、「セリーグ制覇、日本一、バックスクリーン3連発など印象深い」(47歳)など、40代以上のファンの心をガッチリとつかんだのがバース。「とにかく怖い選手だった。カープの津田対バースは面白かった」(48歳)など、“炎のストッパー”津田恒実との名勝負を思い出す人もいるよう。

●3位 ブライアント(元近鉄) 86pt
1989年、ライバル・西武との天王山で満塁弾を含む4打数連続本塁打を放ったブライアント。「4打数連続ホームランは強烈で、今までの外国人の中で最も感動した」(45歳)、「89年のここぞという場面での満塁弾は驚異的だったから」(43歳)などのコメント通り、野球ファンに鮮烈な印象を残している。

●4位 デストラーデ(元西武) 83pt
1995年までプレーしており、比較的若いファンからも票が集まったのが“カリブの怪人”ことデストラーデ。「最強の助っ人だった」(31歳)、「スイッチヒッターでホームランも多く打てる」(43歳)、「一試合に3ホームラン」(33歳)、「左右の打席で豪快にホームランを打つから」(46歳)など、90年代前半の西武黄金時代を支えたスイッチヒッターの打撃を懐かしむ人が多かった。「あのガッツポーズが見たい」(39歳)と、弓を引くような独特のガッツポーズにもコメントが。

●5位 ガルベス(元巨人) 46pt
「迫力あった」(33歳)、「審判にボールを投げるところをまた見たい」(32歳)という声が寄せられたのが、1996年から2000年まで巨人に在籍したガルベス。1998年にストライク判定をめぐって激高、球審にボールを投げつけるという事件を起こし、長嶋茂雄監督(当時)が責任を取って頭を丸めたため、大きな話題となった。

●5位 ブーマー(元阪急) 46pt
1984年に三冠王となり、“最強の助っ人”との呼び声も高いブーマーが5位にランクイン。ホームランを打った際、ホームで出迎えたチームメイト(門田博光)の肩をハイタッチで脱臼させたという怪力エピソードは有名だ。

ほか、7位の郭 源治には「中日ファンです。88年星野監督で優勝したときの、『踊る守護神』郭 源治はかっこよかったです。もう一度見たい」(47歳)、8位のポンセには「マリオに似ていて愛嬌があったから」(47歳)などの声が寄せられた。

「ウインタースは?」「ホージーは?」「フリオ・フランコは?」と、あの選手が入っていない! という声が聞こえてきそうな今回のランキング。野球ファンにとって、外国人選手の思い出というのは尽きないもの…。さて、続きは居酒屋で!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト