名店勢ぞろい! あのグルメイベントの見どころとは?

人気はどっち!? つけ麺VSラーメン

2015.10.09 FRI


静岡発祥のガッツリ系「らーめんブッチャー」の「ふじそば」。“肉肉しい”ビジュアルのインパクトは抜群!
いよいよ秋本番。秋といえば、全国各地でグルメ系イベントも盛んに開催される“食”のシーズンだ。今回は、新宿歌舞伎町は大久保公園で10月25日まで開催されている「大つけ麺博」を紹介しよう。

“つけ麺ブームを文化に昇華させる!”を合言葉に2009年からスタートした大つけ麺博。つけ麺生誕60周年の節目となる今年は「つけ麺VSラーメン本当に美味いのはどっちだ決定戦」と題し、両陣営が決着をつけるという趣向になっている。

つけ麺チームからは「中華蕎麦 とみ田」、「麺屋 高橋」などのつけ麺フリークおなじみの名店が出店するのに加え、“つけ麺の神様”として知られる東池袋大勝軒の故・山岸一雄氏の弟子たちが当イベント限定で「山岸一雄 一門」を結成して参加する予定だ。一方のラーメンチームからは「無鉄砲 がむしゃら」「信州鶏白湯 気むずかし家」など、こちらもつけ麺に負けず劣らずの名店ぞろい。これらの“行列必至”の名店たちのつけ麺・ラーメンがいずれも並盛1杯860円。ちょっと少なめのつけ麺とラーメンを同時に試食できる“食べ比べセット”も1600円で提供されており、存分に食べ比べが楽しめる。

勝敗の決定方法はというと…。

「“超名店”が6日ごとに各軍が5店舗ずつ計10店舗が出店して味を競い、最終日の10月25日まで、来場者に投票をしてもらいます。おいしいと思った店に一票を投じ、最終的にその合計と総提供杯数をもとに、勝利チームを決めるのです」

答えてくれたのは、「大つけ麺博」広報担当の畑中氏。ほかにオススメのポイントなどはある?

「開催期間中は各軍店舗が入れ替わるため、何回来ても美味しいつけ麺とラーメンを飽きることなく食べる事が出来ます。時間も21時まで開催しているので、仕事帰りのビジネスマン男性にも立ち寄りやすいはずです! ちなみに、平日15時から18時まではビールなど酒類が半額になるキャンペーンも行っていますよ」

ちなみに、畑中さんはつけ麺、ラーメンのどっち派ですか?

「正直、どちらも本当に大好きなんです。今の季節だと、暖かい日はつけ麺。寒い日はラーメンが食べたくなりますね。なので、どっちが勝つかは個人的にも凄く気になっています!」

つけ麺派・ラーメン派の意地にかけてたくさん食べて投票するもよし、酒を飲みながらのんびり食べるもよし。連日足を運んで全店舗を制覇する! という楽しみ方もいいだろう。麺好きならば、この機会を逃さず、食べて食べて食べまくるべし!
(布施貴広/Office Ti+)

  • こちらはつけ麺チームから、「新旬屋 麺」の「つけ鶏中華」。ほかにも魅力的な「麺」がたくさん!
  • 10月25日まで開催。温かい麺が楽しめるとはいえ、防寒対策は必要かも(写真は昨年の様子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト