長嶋、王、野村、星野…おじいちゃんor経営者にするなら?

社長で成功するプロ野球監督1位は

2015.11.08 SUN

世論調査


祖父部門、監督部門ともに“3割”を超えたのは王 貞治。選手として数々の記録と打ち立てただけでなく、監督として常勝・ソフトバンクの基礎を作り、日本代表をWBCで世界一へと導いた手腕が票を集めた ※画像はスクリーンショットです。
ソフトバンクが圧倒的な強さを見せて幕を閉じた今年のプロ野球。その一方で、今年も多くのベテラン選手が引退を表明し、第二の人生を歩み始めた。これまでも現役引退後に監督としてレジェンド級に大成した人物が少なくない。そんな監督たちがもし身近な存在だったら、学ぶことは多そう…。ということで、20~30代の社会人男性200人に「球界を代表する4人のレジェンド監督」についてアンケート調査してみた!(協力/アイリサーチ)

〈あなたが自分の祖父になってほしいと思うレジェンド監督は?〉
・王 貞治 35.0%
・長嶋茂雄 33.0%
・野村克也 18.0%
・星野仙一 14.0%

真面目で努力家のイメージがある王 貞治氏と、天然系の天才肌・長嶋茂雄氏がほぼ同数で多数派に。タイプは正反対だが、両名とも日本で抜群の知名度を誇る有名人かつ国民栄誉賞受賞者で、そんな人格者が祖父…なんて、確かにちょっと憧れるかも。一方、“ぼやき”の野村克也氏や、“鬼監督”の星野仙一氏は票を伸ばせなかった。とはいえ、もしこれが肉親ではなく、仕事関係の人間となると、評価軸は変わるもの。続いて、「会社の社長だったら成功しそうなプロ野球のレジェンド監督」についても聞いてみた。

〈会社の社長だったらもっとも成功しそうだと思うレジェンド監督は?〉
・野村克也 35.5%
・王 貞治 33.5%
・星野仙一 19.0%
・長嶋茂雄 12.0%

「祖父」としては人気の低かった野村氏がトップに! 反対に長嶋氏は最下位。口うるさかろうがなんだろうが、経営者に必要なのは、天才的なひらめきよりも論理的な思考ということか。それぞれを支持する理由は以下のとおり。

●「野村克也」派の意見
「ID野球のノウハウを生かして若手育成をしてくれると思うから」(23歳)
「真理をつきつめていて、人に対して厳しさの中にも大きな愛があるから。切り詰めるところは切り詰めるが、最後の最後は心にぐっとくるような人情味を出す経営をしそう」(34歳)
「緻密なロジックを持ってそうだから、負けない勝負はしないし、失敗は無さそうだから」(32歳)
「社員各々の適性を見抜いて、適材適所の運営をしそうだから」(30歳)
「圧倒的に人材育成上手」(33歳)
「周囲を冷静にみて他社分析を行い、自社の特徴を伸ばし、短所を削ってくれる」(38歳)
「野心が一番ありそう。 短期的でなく、長期的な視点から投資や人材育成を行ってくれそう」(27歳)

●「王 貞治」派の意見
「陰なる努力、真面目、先を見据えた冷静な判断で経営を行うと思うから、取引先からの信頼を太く長く得ることができると思う」(35歳)
「圧倒的なカリスマ性。優秀な人材が集まってきそう」(23歳)
「ホークスを優勝に導いたように、優しくときには厳しく部下を育てると思う」(31歳)
「風格があり、何があっても動じずうまく対処しそう」(24歳)
「人心掌握に長けていると思うから」(33歳)
「いろいろな人脈で会社が成長しそうだから」(24歳)

●「星野仙一」派の意見
「会社の成長のためにまっすぐに突き進みそうだから。厳しいながらも愛情を感じる指導を行ってくれそう」(35歳)
「部下に任せるが肝心な部分でアドバイスがある」(39歳)
「駄目なことはだめと言って徹底的に改革を実行しそうだから」(37歳)
「自分に一番厳しそうなので、部下がついていくように思います」(33歳)
「統率力が優れている」(38歳)

●「長嶋茂雄」派の意見
「本能でいいほう良いほうに向かいそう」(30歳)
「突拍子もないことをしてくれそう」(36歳)
「適当だから皆が生き生きと働けそう」(30歳)
「楽しい雰囲気をつくりだしてくれそう」(35歳)
「いるだけで会社がなりたちそう」(35歳)
「人脈が豊かで信頼性が高い。ひらめきの経営」(34歳)

野村氏を支持する人からは、「知性と情のバランスが良い」「人材育成が上手い」ことから、チームとして会社をうまくまとめそうとの声が寄せられた。一方、長嶋氏には、感性の鋭さが経営にも活かされるのでは? という声が集まった。

知性にカリスマ性、リーダーシップに天賦の“華”…。持てる才能はそれぞれ違えど、いずれも指導者として球界のトップを極めた監督たち。今後の野球界にも、同じくらい魅力的なレジェンド監督が誕生してくれることを期待したい。
(二祥 翼)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト