「ママ鉄」ブロガーおすすめ!

子供OKの鉄道運転体験コースBEST6

2016.02.22 MON


「りくべつ鉄道」子どもはSコースのみだが、大人が楽しめるLコース(2万円)、銀河コース(3万円)も

「ママ鉄」ブロガーおすすめ!



全国に電車の運転体験ができるスポットがあることをご存じだろうか。場所によっては、鉄道員の指導のもとで子どもが運転できるケースも。まだまだ数が少ないため、全国から子鉄やママ鉄(パパ鉄も)が集まってくるのだとか。ブログ「電車と、子鉄と、ママ鉄と。」で鉄道の情報を掲載しているままてつこさんに、おすすめベスト6を聞いた。

〈ままてつこさんオススメ! 子どもが運転体験できるスポット〉

●第1位 ふるさと銀河線りくべつ鉄道(北海道足寄郡)の「運転体験コース」
「2006年に廃線となったふるさと銀河線の線路を利用し、気動車を運転できます。4月下旬から10月下旬までの営業期間中は定期的に開催されるのが嬉しいですね」。Sコース、Lコース、銀河コースの3種類があり、子どもが運転できるのはSコースのみ。以下はSコースの詳細。

今年の体験イベントの予定:5~10月までの第2、第4土・日曜日(ゴールデンウィーク、夏休みは別途開催日あり)
参加条件:小学校高学年以上、身長130cm以上
費用:2000円
運転体験可能な距離・時間:約500m、約20分

●第2位 一畑電車(島根県出雲市)の「デハニ50形体験運転」
「映画の舞台にもなった一畑電車の、日本最古級『吊り掛け駆動電車』デハニ50形を運転できます。講習や構内見学などがあり、職員さんとの会話を楽しみながら和やかな雰囲気で運転体験を楽しめると評判。日本各地の大手私鉄から譲渡された車両が、今も現役で走る姿を見られるのも人気の理由です」。開催はなんと毎週という貴重なスポット!

今年の体験イベントの予定:毎週金・土・日曜日(※松江水郷祭、出雲神話まつり開催日、年末年始除く)※開催日の2カ月前から予約受付
参加条件:保護者同伴なら何歳でも可
費用:8000円
運転体験可能な距離・時間:約120mを2往復、約2~5分

●第3位 若桜鉄道(鳥取県八頭郡)の「蒸気機関車&ディーゼル機関車体験運転」
蒸気機関車が運転できる若桜鉄道! 運転する蒸気機関車C12とディーゼル機関車DD16は、奇数/偶数月によってチェンジする。「国鉄時代の制帽・上着・機関士腕章を着用して写真撮影ができるほか、運転回数に応じて修了証明書をもらえます。若桜駅の手動式機関車転車台や橋梁など、国の登録有形文化財の数々も見どころのひとつ」

今年の体験イベントの予定:原則として4月~11月の第3土曜日(11月は合宿型)
参加条件:15歳以上(高校生以下は親の同意が必要)
費用:1万2000円(参加回数、使用車種により変動。ホームページにて案内)。貸切の場合は、人数・車種にかかわらず1万5000円
運転体験可能な距離・時間:約170mを往復、約3時間(人数により変動)

●第4位 のと鉄道(石川県)の「ディーゼルカーNT200運転体験」
「現役で運行しているディーゼル車両を運転できます。2往復目に行われる停止位置テストでは、上手に停止位置に停められると粗品がもらえる特典も。車庫見学や機器説明などの時間も十分にあり、マニアでも満足できるはず。北陸新幹線の開業により関東からでもアクセスしやすく、注目すべきイベントのひとつです」

今年の体験イベントの予定:4/17、5/15、6/19、7/17、8/21、9/18、10/16、11/20、12/18
参加条件:10歳以上
費用:1万円(弁当付き)※付き添い1名につき3500円(弁当付き)※1000円追加でビデオ撮影あり
運転体験可能な距離・時間:約200mを2往復、約15分

●第5位 えちぜん鉄道(福井県福井市)の【親子運転体験】
「小学生と中学生を対象とした親子限定イベントで、車両基地見学・指令所見学・運転体験ができます。子どもの隣で職員が丁寧に指導してくれるので安心。参加者が全員親子ということもあり、イベント自体の雰囲気がとても和やか。ただし実施日の3週間くらい前には予約が埋まってしまいます」

今年の体験イベントの予定:7/16、23、30
参加条件:小学生~中学生の親子
費用:未定※昨年は2500円(大人1人+子ども1人)、※追加参加1名につき1000円)
運転体験可能な距離・時間:50mを1往復/人、約5分

●第6位 京阪電気鉄道 大津線感謝祭の「電車でゴー(車庫内運転体験)」
「大津線で走る実際の車両を車庫内で数十m運転できます。そのほか、感謝祭では電車に乗ったままで洗車体験、電車の形をした2人乗り足こぎ自転車『電チャリ』での線路走行体験など様々なイベントも」。ただし、抽選に当たって運転できる確率はなんと数%! 裏ワザとして、年会費一口2000円の「大津の京阪電車を愛する会」に入会すると、会員向けの感謝祭(昨年は8/23)で運転体験が可能だとか。

今年の体験イベントの予定:未定(昨年は11/3)
参加条件:抽選による当選者のみ
費用:無料
運転体験可能な距離・時間:76m(停止位置~停止位置の間は106m)、4分(運転席での説明時間含む)

鉄道好きは興奮必至! 日程や参加条件は各社様々なので、「子鉄」のためにしっかりチェックして申し込みを。自宅から遠ければ、家族旅行とセットにしてプランを立てても。一生忘れられない思い出になりそうです。
(栃尾江美/アバンギャルド・WOOTS)
  • 「一畑電車」古典的な「吊り掛け駆動方式」を用い、個性的な走行音が魅力。
  • 「若桜鉄道」条件が15歳以上ではあるものの、機関車を運転できる貴重なスポット!
  • のと鉄道は4~12月まで毎月開催! 弁当付というユニークなプラン。
  • 「えちぜん鉄道」親子限定のイベントで子どもと一緒に楽しめる
  • 「京阪鉄道」大津線感謝祭で運転できるのはひとにぎり! 運だめしにも!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト