宝の持ち腐れはもったいない!

ドローン飛行OKな厳選スポット4選

2016.02.23 TUE


カメラからの画像をリアルタイムで見られることも、ホビー用ドローンの特徴。フィールド全体の景色も楽しみのひとつだ。(写真は「とちぎUAVフィールド」)

宝の持ち腐れはもったいない!



運送や空撮など商用利用が注目されているドローン。ホビーとしても注目を集めているが、事故や犯罪利用の恐れから条例などで規制され、都市部では自由に飛ばせる場所がほぼなくなっている…。なら、どこで楽しめばいいのか? 実は今、ドローンを飛ばせる専用フィールドが全国に続々登場中なのだ。そのなかから、オススメのフィールドを以下にご紹介しよう。

●1)山を切り開いた開放感あふれるフィールド
「とちぎUAVフィールド」
約2万2000平方メートルという広大な敷地を優雅にフライトできる開放感あふれるフィールド。付近に人家がないので、事故の不安を感じずに飛ばせるのが嬉しい。貸し切りで心置きなくフライトを楽しもう。
所在地:栃木県足利市山川町656-1
料金:半日1万円、全日2万円/貸切料金(別途利用登録料2万5000円/年)
電話:0284-41-0281
URL:http://home.koyosvpl.co.jp/
uav/index.html

●2)超広大なフィールドは、アクティビティも豊富!
「斑尾高原エアフィールド」
最大110万平方メートルというとんでもない広さのフィールドを使ってドローンを自在に飛ばせる。リゾート地の中にあるため、様々なアクティビティが楽しめることも見逃せない。
所在地:長野県飯山市斑尾高原
料金:半日2000円、1日3000円 ※斑尾高原の宿泊施設の宿泊客に限る
URL:
http://www.madarao.jp/mmca/

●3)ドローンはもちろん、温泉まで楽しめる!?
「舞子ドローンフィールド」
広大な芝生の上で、思う存分ドローンを飛ばせる。敷地内には舞子高原ホテルもあり、宿泊はもちろん、日帰りで温泉施設も楽しめる。塩沢石打インターから約2分というアクセスのよさも嬉しい。
所在地:新潟県南魚沼市舞子2056-108
料金:3時間2000円、1日3000円
電話:025-783-4100
URL:http://www.maiko-resort.com/
summer/sp/drone.php

●4)“市街地”を模したアトラクション要素あふれるフィールド
「SKY GAME SPLASH」
市街地を模したサバイバルゲームフィールドを流用しているだけあって、バリケードや足場など、アトラクション的仕掛けがたっぷり! 遊び心あふれるフィールドには、レベルにあわせて楽しめる3つのコースが設定されている。雨天時も楽しめるのが嬉しい。
所在地:千葉県千葉市若葉区金親町498サバイバルゲームフィールドSPLASH施設内
料金:1時間800円、4時間以上3200円
URL:
http://www.skygame-splash.com/
index.html

昔、ラジコンにハマった人や、写真・動画撮影が好きな人なら、ドローンは新たな世界を体験できるツールになる。インフラとしても、ホビーアクティビティとしても“旬”を迎えつつあるカテゴリだけに、ブーム到来は必至といえそう。今のうちにツバを付けておけば、人に自慢できる趣味になるかもしれない!?
(吉州正行) 記事提供/『Lierco NEWS』
  • 「斑尾高原エアフィールド」
  • 「舞子ドローンフィールド」
  • 「SKY GAME SPLASH」

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト