『いきなり!黄金伝説。』みたいにやりたい!

「とったどー」モリ突き漁の体験法

2016.02.24 WED


沖縄県魚突き倶楽部「魚突き体験コース」で魚を捕獲した際の模様

『いきなり!黄金伝説。』みたいにやりたい!



人気バラエティ『いきなり!黄金伝説。』の無人島企画を見て、「キレイな海に潜って、モリ突き漁をしてみたい!」と思ったことのある人は多いはず。でも勝手に魚を突いて獲ることは禁止されているところも多そうだし、どこで体験できるのだろうか。そこで、日本国内で「モリ突き」を体験できるスポット&ツアーをリサーチしてみた。

●1)沖縄県魚突き倶楽部「魚突き体験コース」(沖縄)
安座間港から出航し「神の島」と呼ばれる久高島で魚突きを体験できる、初心者向けコース。鮮やかかつ色とりどりの「イラブチャー(ブダイ)」から、沖縄の三大高級魚のひとつ「あかじん(スジアラ)」まで様々な魚を獲り食べることが可能。

料金:1万円~
体験可能期間:5~10月
所要時間:9:00~17:30(夏) ※フェリーの往復時間含む
備考:耳抜き・シュノーケルクリア(シュノーケルに入ってきた水を排出するテクニック)ができることが参加条件
URL:http://www.sakanatuki.com/

●2)BLUE BOX「モリ突き体験ナイトシュノーケリング」(沖縄)
美ら海水族館があることで知られ、沖縄のなかでも特に美しいとされる本部町の海中をサンゴマスターが丁寧に案内。様々なサンゴが輝く幻想的な夜の海を泳ぎながら、ときには水深30mまで潜り、寝ている魚を突いて獲ることができる。

料金:8500円
体験可能期間:年中
URL:
http://www.okinawa-bluebox.com/
syuno-keru.html

●3)素潜りの学校「Cプラン」(東京・小笠原父島)
他では見られぬ巨大魚がおり、密かに聖地ともいわれている小笠原・父島の海で行われている魚突き講習。1年中体験可能で、12~5月の間には1mを超えるヒレナガカンパチも出現。また、父島独特の方法である「泳ぎ釣り」(シュノーケルをつけて泳ぎながら、糸で魚を釣る)体験では、魚が餌に食いつく瞬間を目の前で見られる。さらに、獲った魚を美味しく食べるための料理講習が行われるのも嬉しい。

料金:7000円~
体験可能期間:年中
対象年齢:9歳から55歳まで
URL:http://umitoikimono.jpn.org./

●4)宍喰漁業協同組合「竹ケ島 磯遊び体験」(徳島・竹ケ島)

竹ケ島湾内にある海中公園の海岸・浅瀬で安全に魚突きが体験できるため、子供のいる家族にオススメ。ただし、伊勢エビ・アワビの採捕やウェットスーツの着用禁止などのルールがあるため、本格的な漁を楽しみたい人には不向き。

料金:大人1500円、小・中学生800円、小学生未満無料
体験可能期間:7月・8月(2016年の開催は未定)
URL:http://nantoplus.com/
lib/tirashi/isoasobitaiken.pdf

ちなみに、上記すべての体験において「獲れるかどうかは実力次第」のようだ。そこで沖縄県魚突き倶楽部の吉田大志さんに魚突きのコツを聞いてみた。

「ポイントは、魚に警戒心を与えないことです。初心者は魚を見つけるとつい慌てて追ってしまうのですが、魚の方が泳ぐのは速いので逃げられてしまいます。ゆっくりと静かに泳ぎ、自然と近寄ってきた魚を突くようにしましょう。また、心拍数の上昇は魚に伝わるので、平常心を保つことも重要です。岩陰や海底の砂際にいる魚は、餌探しに夢中になっていて警戒心が薄まっているので、まずはそのような魚から狙うと、初めてでも突くことができますよ」

モリを片手に美しい海へ潜り、食料を捕獲する。自然の中に生きていることを実感する貴重な機会になりそうだ。
(黄孟志)
  • 東京・小笠原父島「素潜りの学校」

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト