USJにマリオエリア誕生へ。他に実現希望の作品は?

テーマパーク化希望のエンタメ作品TOP10

2016.04.10 SUN

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


三鷹「ジブリの森美術館」や、富士急ハイランド「EVANGELION:WORLD」、お台場「ガンダムフロント東京」など、テーマパークとまではいかなくても、世界観を味わえる施設がすでに存在する作品も。作品ファンは足を運んでみては ※この画像はスクリーンショットです
ユニバーサルスタジオジャパンは先日、2020年までに「スーパーマリオエリア」がオープンすることを発表。子供のころから慣れ親しんだマリオの世界が再現されることにワクワクしている人も多いのでは? そんな「現実の世界にあったらいいのに」と思う作品は、スーパーマリオの他にもまだまだあるはず。そこで、どんな作品のテーマパークができたら嬉しいかについて、25~34歳の男性200人にアンケートを実施した(R25調べ/協力アイリサーチ)。

〈テーマパークができてほしい作品TOP10〉


1位 ドラゴンボール 42.0%
2位 スターウォーズ 38.0%
3位 ドラゴンクエスト 29.5%
3位 ファイナルファンタジー 29.5%
5位 ワンピース 24.0%
6位 ジブリ作品 21.0%
7位 エヴァンゲリオン 17.5%
8位 ガンダム 16.5%
9位 ジョジョの奇妙な冒険 13.5%
10位 ゼルダの伝説  12.0%

男子なら見たことのない人はいないと言っても過言ではない『ドラゴンボール』が1位! 世界中にファンがいるドラゴンボールは、もしテーマパークが実現したら国内外から多くのファンが訪れることになりそうだ。このほか、2位はSF映画の不朽の名作『スターウォーズ』、3位は伝説的RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』など、ランキングには独自の世界観を持つ作品たちが名を連ねた。さらに、各作品のテーマパークが実現したら、どのようなアトラクションを期待するのかについても聞いてみると…。

【1位 ドラゴンボール】


「かめはめ波を撃ちたい」(31歳)
「キントウン型ジェットコースター」(29歳)
「スカウターで戦闘力を計れるアトラクション」(32歳)
「スーパーサイヤ人に会ってみたい」(28歳)
「CGなどで実際に戦える様なアトラクション」(34歳)

【2位 スターウォーズ】


「映画のシリーズの主要の場面を、4Dで壮大感あるアトラクションで遊びたい」(25歳)
「ライトセイバーとフォースをあやつる」(32歳)
「映画に登場する戦闘機に乗り、宇宙戦に参加したい」(28歳)
「R2-D2とお話したい」(33歳)

【3位 ドラゴンクエスト】


「物語で想定されている実物大スケールのモンスター等を作ってほしい。ドラクエの世界観を味わいたい」(28歳)
「ドラゴンクエストのモンスターと戦うアトラクションにいきたい」(28歳)
「ダンジョンをリアルに作って欲しい」(33歳)
「ルーラを唱えて、アトラクションを移動したい」(32歳)

【4位 ファイナルファンタジー】


「魔法やジョブチェンジを楽しめるアトラクション」(29歳)
「実際に冒険ができるようなアトラクションであそびたい」(34歳)
「魔法のミュージアム」(32歳)
「ファンタジー世界に浸れるセットの中を探検したい」(33歳)

【5位 ワンピース】


「実際に船に乗り、冒険している感じを味わいたい」(26歳)
「悪魔の実や骨付き肉に似させた、食べ物の提供」(30歳)
「宝探し的なイベントだと良い」(32歳)
「冒険の世界の再現」(28歳)

【6位 ジブリ作品】


「トトロの森で、トトロのお腹で眠りたい」(32歳)
「異次元な世界に行ってみたい」(29歳)
「空飛ぶトトロ」(34歳)

【7位 エヴァンゲリオン】


「実写版になった気分を味わいたい。主人公になりきって(エヴァの操縦を)やってみたい」(28歳)
「エヴァのキャラクターと疑似デートがしたい」(31歳)
「シューティングゲーム」(34歳)

【8位 ガンダム】


「モビルスーツパイロットを体験できるアトラクションに行きたい」(26歳)
「コックピットに搭乗してみたい」(26歳)
「作中に入り込んだような臨場感の高いアトラクション」(30歳)

【9位 ジョジョの奇妙な冒険】


「出来れば任意のスタンドが発現している加工写真を撮れたり、波紋の修行場面の疑似アトラクションなど作ってほしい」(33歳)
「ジョジョ立ちをみんなでする」(28歳)
「スタンドの戦いを見てみたい」(34歳)

【10位 ゼルダの伝説】


「3Dアトラクションにしてほしい」(28歳)
「自分の力でダンジョンを攻略すること」(32歳)

多くの作品に寄せられたのは、「自分が主人公になりきりたい」という願望。どのアトラクションも、大好きな作品の世界に入り込めることを想像するだけで、思わず少年の頃の気持ちに戻ってしまいそうだ。これらの作品のテーマパークがいつか実現することを夢見つつ、ひとまずはスーパーマリオエリアの完成を待つばかりですね!

(有栖川匠)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト