“知っとかなきゃ”なイベントをピックアップ!

6月27日(月)大相撲「七月場所/名古屋場所」番付発表

2016.06.26 SUN

イベントカレンダー


写真/PIXTA
前場所、2勝13敗という不甲斐ない結果に終わった照ノ富士をはじめ、勢、琴勇輝、隠岐の海と三役4力士が負け越し。名古屋場所では上位陣の番付が大きく移動。一方、2場所連続で13勝2敗の好成績を残した東の大関・稀勢の里は、初優勝と綱獲りを一度に狙う重要な場所となる。幕内以外では、十両十三枚目だったテクニシャンの宇良(前場所10勝5敗)が、どこまで番付を上げるのか気になるところだ

※幼少のころからアマチュア相撲大会で好成績を収めてきた宇良は、大学時代に「第2回 ワールドコンバットゲームズ」相撲軽量級で世界一に。昨年、木瀬部屋に入門し、同年の春場所で初土俵。続く夏場所で序ノ口優勝(全勝)をはたし、以降はすべて勝ち越し。“撞木反り”“居反り”といっためずらしい技を得意としている。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト