狙え! 恋のゲート

出会いの新定番?「ゲートボール合コン」で急接近

2016.06.18 SAT


まずは第1ゲートを狙う!
お年寄り向けのスポーツというイメージが強いゲートボールだが、じつは若い世代のプレイヤーも増えているという記事を先日書いた。「出会いも!ゲートボールに若者増」

日本ゲートボール連合によれば、47都道府県で登録されているゲートボール会員数は約10万6000人(平成28年3月31日現在)。このうち、34歳以下の会員は約1450人と全体の1.4%に過ぎないが、全国大会上位入賞チームにおける同世代の貢献度はかなり高いという。

さらに、大会やクラブチームは若い男女の出会いの場にもなっており、実際に結婚したカップルもいるそうだ。我々が知らないだけで、恋のゲートボールマジックでもあるのだろうか。ここはひとつ検証しないと。

というわけで日本ゲートボール連合全面協力のもと開催してみました、ゲートボール合コン。

集まったのは男女5人ずつの計10人。筆者を除けば、全員20代だ。職業は銀行マン、販売員、写真スタジオ勤務まで様々。コートは東京タワーの真下、芝公園のびのび広場の中にあった。へえ、こんなところにゲートボール場が。

抜群のロケーション
東京タワーを仰ぎ見る抜群のロケーション
なお、今回は「合コン」なので特別にお酒を飲みながらプレーすることを許していただいた。 乾杯
まずは乾杯から。あらかじめ買い出ししておくとスムーズですよ
高橋さん
趣味はバスケットボールという高橋さん
簡単な自己紹介ののち、さっそく日本ゲートボール連合・高橋 忠さん(29歳)からルールの説明を受ける。

「基本は5人対5人のチーム対抗戦。1試合の制限時間は30分で、赤いボールと白いボールを交互に打ちます。スタートエリアから第1ゲート、第2ゲート、第3ゲートを順に通過して、最後のゴールポールに当てれば『上がり』。各ゲートを通過すると1点、『上がり』で2点がもらえて、試合終了時に総得点が多いチームの勝利となります」

いよいよスタート。専用のタイマー(機械)が大きな声で「競技開始!」と告げる。まずは、スタートラインから4m先の第1ゲートを狙うのだが、これが予想以上に難しい。10人中、1打で通過できたのは3人だった。

とはいえ、何度もチャレンジするうちに皆さん成功。しかし、2人だけが一向に通せない。
取り残された2人
取り残された2人だが、合コン的にはチャンスともいえる
何度も言うが、これは合コンだ。高橋さん、「モテる技」を教えてください!

「うーん、『スパーク打撃』ですかね。自分のボールを他のボールに当てると、そのボールを好きな場所に動かしてボーナス的にもう1回打てるんです。そのときに自分のボールを足で押さえて相手や味方のボールを打つ技です」

おお、名前もカッコいいじゃないですか。

会心の「スパーク」をキメる筆者。女子の視線を独り占めできたはずだ
試合が進むにつれ、全員ゲートボールの面白さにハマっていった。わいわいやっていると30分はあっという間なのだ。そして、徐々に酔いも回る。 終盤
白熱の終盤。意中の女子のプレーを応援してあげよう
試合結果は、赤チーム10点、白チーム9点で赤チームの勝利。皆さんに感想を聞いてみたところ、「自由に動けるのでお目当ての人の近くに行きやすい」「チームプレーだから一体感が生まれる」「試合を通じて素の性格が見える気がする」などの声が。

その後、二次会の居酒屋に誘ったところ、なんと女子全員が「行く!」と言うではないか。ゲートボール合コン、なかなか侮れませんよ。

(石原たきび)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト