「精神的に疲れる」という声も

若手会社員約4割が「キャバクラ絶対行きたくない」

2016.08.24 WED

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


“会社の飲み会”自体の頻度も、「毎日のように飲む」「ほとんどない」など、職場によってバラバラなよう
写真/PIXTA
会社の飲み会のあと、「もう一軒行くぞ!」となって足を踏み入れがちな夜の街。超楽しい! と思う一方で、「自分のお金じゃ絶対来ないよな…」と感じることもある。そんな、夜のお店へ“どれぐらい行きたいと思っているのか”を25~34歳の独身男性会社員200人にアンケート調査した!(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈風俗やキャバクラ、どれぐらい行きたい?〉

(※絶対に行きたくない、おごってもらえるなら行きたい、自分でお金を出しても行きたい、のいずれかを選択)

●風俗店
・絶対に行きたくない 30.0%
「面倒」(30歳)、「自分がむなしい」(27歳)、「好きな人以外としても楽しくない」(30歳)、「はまりそう」(27歳)

・おごってもらえるなら行きたい 40.0%
「高いから」(31歳)、「高い自腹を切ってまで性欲を発散させようとは思わないから」(29歳)

・自分でお金を出しても行きたい 30.0%
「必要悪」(32歳)、「至極のとき」(34歳)、「サービスが最高だから」(28歳)、「息抜きが必要」(32歳)

●キャバクラ
・絶対に行きたくない 36.0%
「話すだけでお金を払いたくない」(30歳)、「精神的に疲れる」(30歳)、「酒を飲むなら親しい友人といくのが一番」(34歳)、「チャラい場所が嫌い」(31歳)

・おごってもらえるなら行きたい 48.0%
「ポケットマネーでは払いきれないから」(26歳)、「タダ酒が飲めるなら行く」(33歳)

・自分でお金を出しても行きたい 16.0%
「たまには異性と話したい」(30歳)、「かわいい子と話せる」(31歳)、「女に囲まれてハッピー」(31歳)、「気分転換にいいから」(28歳)

ふたつの項目を比べると、「キャバクラ」のほうが「絶対に行きたくない」人が増え、「自分でお金を出しても行きたい」人がかなり減るという結果になった。

また、“夜の街”以外で会社員が上司や同僚・友人に誘われがちなものについても、“行きたさ”を質問してみた。

●ゴルフ
・絶対に行きたくない 37.3%
・おごってもらえるなら行きたい 41.3%
・自分でお金を出しても行きたい 21.3%

●スポーツ観戦
・絶対に行きたくない 13.3%
・おごってもらえるなら行きたい 32.0%
・自分でお金を出しても行きたい 54.7%

●舞台観劇
・絶対に行きたくない 22.7%
・おごってもらえるなら行きたい 47.3%
・自分でお金を出しても行きたい 30.0%

ブームといわれている「ゴルフ」でも「絶対に行きたくない」人は4割近く。趣味嗜好が多様化しているとはよく言うけど、こうなると自分の趣味に友人を誘いにくくなるよなあ。

個人的にはおごってもらえるならどこでもお供する派なんだけど…、みなさんはどう?
(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト