「初戦負けると本戦出場率は0%」と煽った結果…

「もう敗退の気分」サッカー逆転負け ジンクスに絶望

2016.09.02 FRI

噂のネット事件簿


試合後、本田は「追加副審」(ゴール脇に配置され、ゴールの可否などをジャッジする副審)がいなかったことなどを指摘し、改善を求めるコメントをした ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2018年のサッカーワールドカップロシア大会のアジア最終予選が9月1日に開幕。日本はUAEと対戦し、1対2で敗れた。

前半11分に本田圭佑のゴールで先制した日本。しかし、前半20分にUAEのハリルに直接フリーキックを決められ追いつかれると、後半9分にPKを与え、再びハリルに決められて勝ち越しを許した。

その後、浅野拓磨のシュートがゴールしたかに見えたが、直前でGKがセーブしたとしてノーゴールの判定。映像リプレイを見ると明らかにゴールラインを割っているが、判定が覆ることはなく、そのまま1対2で日本の敗戦となった。

テレビ朝日系で放送された生中継では、過去5大会においてアジア最終予選の初戦に負けたチームの本戦出場率は0%というジンクスを何度も紹介。いかに初戦が重要であるかを説明していたにもかかわらず日本が敗れる…という皮肉な結果になってしまった。

ツイッターでは、

「日本ヤバいやん アジア最終予選の初戦黒星でW杯行けるの0%らしい、やばいやばいやばい」
「テレ朝が朝から初戦敗戦の場合は、最終予選通過0%と煽りいれてくるから、もうすでに敗退の気分」
「確か最終予選の初戦落としたチームが突破できたの今まで0%なんだっけ?こりゃだめだ」

などと、多くの人がショックを受けている。しかし、まだまだ初戦が終わったばかり。

「日本負けたの!? 過去の初戦負けたチームのアジア最終予選突破できる確率は0%らしい。 面白くなってきたじゃん。 過去を変えろー! 常識を覆せー!」
「何々、W杯最終予選“初戦”に負けた場合の突破率は0%? んなもん、“所詮”過去のデータ。 10試合全部勝てるわけではないんだから。 たまたま最初に負けが来ただけ。 まだまだ先は長いのだから」

と、“ジンクスなど覆せばいい”と言わんばかりの前向きな応援も多かった。

また、浅野の“幻のゴール”について、判定に対する不満もあったが、

「誤審とかジャッジに疑問があった試合ではあったがそれでも勝つのが強いチームである」
「誤審だったけど ネットに突き刺すシュート決めてりゃ良かったわけで 決定機何回もあったし それ決めてりゃ勝てたよね」
「疑惑の判定ばかりがズームされて、 何で1得点しかできなかったのか、 何で2失点したのか、 采配ミスではないのか、 もっと判定以外の事をズームすべき」

と、そもそも微妙な判定に左右されないくらいの試合をすべきだったという厳しい声もあった。

いずれにしろ、最悪のスタートとなったしまったアジア最終予選。第2戦のタイ戦は、9月6日にアウェイで行われる。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト