「今も聴いてる」90年代の小室哲哉の曲ランク

30代のココロに今も響く最強のTKソングは?

2016.09.18 SUN

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


2010年に作曲家としての活動を再開して以降、AAA、森進一、北乃きい、超特急、SCANDAL、Tofubeats、超新星、SMAP、浜崎あゆみなど幅広いアーティストに楽曲を提供している小室氏。懐かしい歌だけでなく、新しい曲でもボクらの楽しませてくれそうだ。
画像提供/PIXTA(ピクスタ)
30代であれば、子供の頃から学生時代にかけてドンピシャでハマった人も多いであろう、希代のヒットメーカーTK(小室哲哉)のプロデュース曲の数々。安室奈美恵をはじめ、globe、華原朋美、trf、鈴木亜美、浜田雅功…など、その曲数もさることながらプロデュースしたアーティストも数多く、音楽業界における影響力の大きさを物語っている。そして、テレビやカラオケで流れると、やっぱり今でも歌いたくなったり、聴きたくなったり…。そこで30代の会社員200人(男女各100人)に、“TKブーム”時代(1994~1999年)に発表された小室プロデュース曲(曲作りに携わった曲含む)のなかで、いまだに聴いてしまうものを選んでもらった。(R25調べ、協力/アイリサーチ)

〈いまだに聴いてしまうTKソングTOP10〉

※全17の選択肢から1~3位を回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計

1位 CAN YOU CELEBRATE?/安室奈美恵 283pt
2位 DEPARTURES/globe 223pt
3位 WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント/H Jungle With t 134pt
4位 I’m proud/華原朋美 132pt
5位 恋しさと せつなさと 心強さと/篠原涼子 with t.komuro 128pt
6位 Don’t wanna cry/安室奈美恵 50pt
7位 survival dAnce ~no no cry more~/trf 49pt
8位 BE TOGETHER/鈴木あみ 38pt
9位 Chase the Chance/安室奈美恵 28pt
10位 CRAZY GONNA CRAZY/trf 27pt

※番外編
11位 I BELIEVE/華原朋美 27pt
12位 love the island/鈴木あみ 17pt
13位 CANDY GIRL/hitomi 15pt

TKのプロデュースではなくなったものの、今でもヒット曲を連発し続けている安室奈美恵の曲が、やはり最も多くランクイン。特に結婚式の大定番曲でもある「CAN YOU…」は今でも聴く機会が多いだけに、他を大きく引き離してトップとなった。そのほか、ダンスエクササイズやDJ KOOの活躍で再びテレビなどで観る機会の増えたTRFの曲も多数。では、それぞれの選出理由を紹介しよう。

【1位 CAN YOU CELEBRATE?/安室奈美恵】
「安室ちゃんが結婚した時だったから印象深い」(32歳・男性)
「今でも使われている曲だから」(37歳・男性)
「安室世代でよくカラオケでみんなで歌っていたしちょうど安室ちゃんが妊娠とかしたときだったので印象的」(39歳・女性)
「ウェディングソングとして定番なので、聴くことや歌う事が多い」(37歳・女性)
「この曲が主題歌だったドラマが好きだったから」(32歳・女性)

【2位 DEPARTURES/globe】
「当時よく聴いており、その後もゲレンデなどでシーズンになると流れていた」(31歳・男性)
「冬的な感じがあるから」(35歳・男性)
「カラオケで苦労した」(35歳・女性)
「デートで行ったスキー場でかかっていたから」(32歳・女性)
「耳にとにかく残る曲で、冬になると聞きたくなるので」(30歳・女性)

【3位 WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント】
「初めて買ったCDなので」(30歳・男性)
「昔、大学の先輩がよく歌っていたのを思い出すので」(39歳・男性)
「ノリがいいので」(37歳・女性)
「カラオケで盛り上がるから」(34歳・男性)
「浜ちゃんが歌っているから」(37歳・男性)

【4位 I’m proud/華原朋美】
「声が好き。高音がきれい」(32歳・女性)
「ともちゃんがかわいかった」(36歳・男性)
「青春時代だった」(33歳・男性)

【5位 恋しさと せつなさと 心強さと/篠原涼子 with t.komuro】
「篠原涼子が大好きだから」(34歳・男性)
「定番な感じがする」(30歳・女性)
「カラオケで歌いやすいので」(35歳・女性)

【6位 Don’t wanna cry/安室奈美恵】
「とにかく元気になる」(30歳・女性)

【7位 survival dAnce ~no no cry more~/trf】
「踊りたくなる」(34歳・女性)

【8位 BE TOGETHER/鈴木あみ】
「リズムが良いから」(38歳・男性)

【9位 Chase the Chance/安室奈美恵】
「テンポがいいから」(30歳・女性)

やはり現在だと、「懐かしソング」としてカラオケで歌う、という機会がかなり多いよう。また、恋の思い出とセットで記憶に残っている曲も多いようで、TKソングは30代にとって、今も忘れられない「青春ソング」になっている。

昨年、16年半ぶり華原朋美とタッグを組んで新曲を発表するなど、ここにきて再び活動が活発になってきた小室。30代の今のボクらの心をつかむ名曲を生み出してくれる…かも?

(R25編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト