もしも○○が弾けたなら…

社会人男性 弾けるようになりたい楽器1位はピアノ

2016.10.15 SAT

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


マスター、この店においてある楽器、弾いてもいいの? あ、OKね。じゃあ、一曲~。サウイウヒトニワタシハナリタイ
画像:zon/PIXTA
秋。食欲の方にまっしぐらもいいけれど、オトナとしては芸術の方もたしなんでおきたいところ。例えば音楽、それも鑑賞の方でなく演奏の方であれば、忘年会や結婚式などの余興で活用するというビジネスマンとしての実利も期待できそうなものです。

…純粋な気持ちで楽器を趣味にしている人も怒らないでくださいませ。質問自体は純粋な気持ちで聞きましたので。

20~30代の会社員男性200人に「人前で披露できるレベルで『演奏できるようになりたい楽器』」についてアンケート調査を実施。果たして、その結果は?

〈人前で披露できるレベルで「演奏できるようになりたい楽器」TOP10〉

(全17項目から上位3位まで選択。1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptで集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

1位 ピアノ 234pt
2位 アコースティックギター 181pt
2位 エレキギター 181pt
4位 バイオリン 100pt
5位 サックス 82pt
6位 ドラム 78pt
7位 ベース 62pt
8位 キーボード 51pt
9位 トランペット 39pt
10位 三味線 31pt
10位 和太鼓 31pt

番外
12位 ハーモニカ 30pt
13位 トロンボーン 22pt

「もしもピアノが弾けたなら」なんて曲がヒットしたのは30年以上前。今回のアンケートへの影響は少ないと思われますが、いずれにしてもピアノ演奏が男性にとってひとつの憧れであることは間違いないようです。また、ライバル同士(?)といえるアコースティックギターとエレキギターが、全く同じポイントを集めたのも面白いですね。

なぜ、その楽器を演奏できるようになってみたいのか。理由は以下の通り。

【1位 ピアノ】
「誰にでもすごさがわかるから」(34歳)
「これだけで主旋律を演奏でき、また指を動かす姿の見栄えいいから」(27歳)
「披露できる曲が多そうだから」(38歳)
「知的でかっこいいイメージだから」(27歳)
「どんな曲でも演奏できる万能な楽器なので」(30歳)

【2位 アコースティックギター】
「手軽に楽器ひとつで素晴らしい演奏が堪能できるものなので」(28歳)
「弾き語りとか、してみたい」(31歳)
「オシャレに雰囲気良く弾けそうだから」(31歳)
「間違いなくかっこいいから」(35歳)

【2位 エレキギター】
「10代の頃憧れていた。一時期、練習していた」(37歳)
「バンドで一番目立つ楽器だと思うので」(27歳)
「女にモテそうだから」(37歳)
「かっこいいから」(28歳)

【4位 バイオリン】
「優雅に見えるから」(23歳)
「お金持ちに見えるから」(30歳)
「品があるから」(29歳)

【5位 サックス】
「大人の雰囲気があり渋いので」(32歳)
「キザな感じがせず、好感が持てるから」(30歳)

【6位 ドラム】
「ついでにストレス発散になりそうだから」(29歳)

【7位 ベース】
「あの低音で皆さんを感動させたい」(35歳)

【8位 キーボード】
「いろいろなジャンルに使える」(35歳)

【9位 トランペット】
「音が大きいから」(38歳)

【10位 三味線】
「意外性が大きいから」(32歳)

【10位 和太鼓】
「日本の伝統芸だから」(31歳)

それぞれの楽器にそれぞれの“演奏できるようになりたい理由”が挙げられているなか、ほとんどに共通して見られたのが「かっこいいから」という見た目を重視した理由。とりわけエレキギターにはこの理由が目立っていました。

忙しい日常を送る身では、今から始めるには困難な面もあると思いますが「楽器を弾けるかっこいいビジネスマン」を目指すのって悪くないですね。今年の忘年会には間に合わないとしても。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト