「今年は何年か」衝撃の声 KOF開発チームが手掛ける

レトロゲー人気「スーファミ2D格ゲー」3月に新作発売

2017.01.11 WED

噂のネット事件簿

2017年、スーファミソフトが注目を集めることになるか ※この画像はサイトのスクリーンショットです(『ザ・ダークネス・ハンター』公式サイトより)
スーパーファミコン向けの新作2D格闘ゲーム『ザ・ダークネス・ハンター ‐アンホーリー・ナイト‐』が2017年3月末にリリースされる予定であることが明らかになった。

ゲームメディア「INSIDE」によれば、『ザ・ダークネス・ハンター ‐アンホーリー・ナイト‐』は、吸血鬼など人間を狩る闇の支配者「ダークネス」と、それを狩る人間たち「ハンター」が存在する世界で、中世最強の吸血鬼「カタトニア」の復活をめぐって両者の死闘が繰り広げられる設定だという。

英ゲームメディア「ニンテンドーライフ」は、同作が昨年12月に香港で開催された「香港レトロゲームExpo」でお披露目され、デモンストレーションが行われたと報じている。開発には人気格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」シリーズなどを手掛けた元SNKのチームが関わっているという。

Twitterでは、

「おおっスーファミで新作ゲーム発売とな!?」
「……思わず今年が何年だったかまじまじと見直す」
「スーパーファミコン向け???20年前の記事かな…?」
「次世代ハードが発売されてるなか、スーファミ向け新作が発表されるなんて誰も考えなかった未来」
「キャラデザ込みで当時のスーファミっぽさへのこだわり凄すぎやろ…」
「スーファミ新作格闘ゲームか..レトロハードで新作開発するインディーズが増えたらいいね」

と衝撃を受けるユーザーの声が投稿されている。

さらに、

「技術的に当時のソフトを超えてる部分があるならほしいな」
「マジかー。未だに現役で動いてる身としては嬉しい話やで。よし、買うか」

と早くも購入を考える人もいるようだ。

時代に逆行するように、突如登場したスーファミの新作だが、先日発売された「ファミコンミニ(ニンテンドークラシックミニ)」も人気。レトロゲームの人気は根強いようだ。
(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト