アテネのヒーローを生で見たい!

あの興奮をもう一度!五輪選手が出る大会

2004.10.07 THU

スポーツの秋! ということで読者のみなさんも何かとスポーツ観戦の計画を立てているかと思いますが、この夏、さんざんテレビで見たアテネ五輪出場選手を見に行くというのはいかがでしょう? そこで各選手の今後の動向を調べてみました。

まずアテネのヒーローといえばなんといっても競泳の北島康介。しかし9月に出場した学生選手権以降は「基本的には休養。練習は始めますが大会参加の予定はしばらくありません」(所属事務所)と残念な答え。同じように陸上短距離の末続、ハンマー投げの室伏、柔道の野村など男子で活躍した選手の多くはオフに入る予定だという。

そこで注目したいのが女子選手だ。まずバレーボールのVリーグ女子が11月2日に開幕する。メグこと栗原恵はNECを退社。海外移籍が濃厚だが、カナ(大山加奈・東レ)は健在。人気が復活した女子バレーの熱気を感じるのもいい。女子ソフトボールも9月よりリーグ戦が再開している。10月9日~11日の3連休、関東エリアでは群馬県高崎市の高崎城南球場にて計9試合が開催予定。快速球のエース、上野由岐子(日立&ルネサス高崎)を生で見るチャンスだ。また「なでしこジャパン」の愛称で人気者になった女子サッカーの面々も、既に女子サッカーの1部リーグ「L・リーグ」で精力的にプレーしている。10月11日には東京の西が丘サッカー場で優勝を争うベレーザとレイナスが激突。ベレーザの澤穂希、小林弥生、“ボンバーヘッド”荒川恵理子の出場が予想される。そしてビッグ大会を控えているのが女子レスリング。10月8日、9日に東京・駒沢体育館でワールドカップが開催される。伊調姉妹、吉田沙保里、浜口京子のアテネ五輪代表選手は休む間もなく全員参加予定だ。

“それまでの3年間”を知っていれば、次の北京五輪は何倍も楽しくなる。アテネで興味を持った種目があったなら、ぜひ一度生で観戦してみては?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト