1万円で好きなレース名をつけられる

R25もやってみました!高知競馬の「協賛レース」

2005.01.27 THU

中央競馬には有馬記念やエリザベス女王杯など、レース名に人名がついているものがあるが、一部の地方競馬にはフツーの人が好きなレース名をつけられる制度がある。

ハルウララで話題になり、ライブドアとも提携予定の高知競馬。ここでは個人なら1万円(企業なら2万円)の協賛金を出すと、「協賛レース」を実施できるのだ。自分で名づけた協賛レース名は地元紙等に掲載、ケーブルテレビで放送されるほか、場内実況でレース前にPR文を読んでくれたりもする。さらに来賓室等での観戦に予想紙・昼食券までつき、1万円にしては至れり尽くせりのサービスだ。では、実際につけられているレース名はどんなものなのか?

「誕生日や結婚を祝うもの、ハルウララ関連のレース名が多いですが、家を新築した人が『豪邸落成特別』、全国の競馬場を回ってる人が『さすらい馬券師特別』なんていうレースをやったこともありましたね」(高知県競馬組合業務課・吉田さん)

これは面白い! 申し込みは全国どこからでもOK! てなわけで、R25編集部も早速、高知競馬へ電話で申し込んだ。今回協賛したのは1月3日の9レース「R25 オトコの初夢特別」と10レース「2005年さらなる飛躍祈願特別」。高知には行けなかったが、ネット時代の今なら問題なし。地方競馬関連サイトで出馬表を入手、馬券も購入した。さらに高知競馬公式サイトでライブ映像を堪能。発走前になると実況アナが「R25はリクルート社の発行する…」とこちらで準備したPR文を読んでくれて、おお~、何だか感動的! ハッピーハピネスという正月らしいめでたい馬(?)を買ったら、これが逃げ切り! 馬単1340円の馬券も当たってハッピーハッピー!

このような協賛レースは金沢競馬、福山競馬でも行われているが、残念ながら首都圏の競馬場では個人協賛レースはやっていない。競馬でなければ、埼玉県の戸田競艇に同種の制度がある。協賛レース、一度冠になってみてはどうですか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト