バルサが、マンUが、ユーベが日本へ!

毎年恒例・欧州ビッグクラブの日本巡業を見に行こう!

2005.05.26 THU

ブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンが早々と優勝を決め、プレミアリーグでは50年ぶりにチェルシーが、スペインではバルセロナが歓喜に酔いしれた。欧州CLもこの号が出るころには優勝が決まっているはず。欧州サッカーシーンはまさに大詰めである。ということは今年も“あの”季節が近い印。そう、欧州ビッグクラブ御一行様の日本巡業である。

トップを切って来日するのが日本代表・高原直泰が所属するハンブルガーSV。5月31日に埼玉スタジアムで浦和と親善試合を行う。W杯予選が近いため高原の出場は微妙だけど、今のところ故障者以外はベストメンバーで乗り込んでくる様子。

6月からは言葉は悪いが有名クラブ&選手の入れ食い状態。デルピエロ、トレゼゲ、ブフォンらを擁するセリエAの名門・ユベントスは6月1日に横浜、7日に東京と激突。サー・ファーガソン率いるマンチェスター・ユナイテッドは7月28日に鹿島、30日に浦和と対戦。できるならギグスやC・ロナウドのドリブルを生で堪能したい。また7月27日に清水、30日に鹿島と試合が組まれているのが欧州CLでの快進撃も記憶に新しいリバプール。売り出し中のイングランド代表MF・ジェラードのプレーを日本で観られるチャンスだ。

そして今年の目玉といえるのがバルセロナ。ご存じロナウジーニョの妙技は必見。エトーとのコンビネーシンも楽しみである。挑むJ1勢は横浜(6月12日)と浦和(6月15日)だ。その他にもバイエルンが7月28日に東京、30日に磐田と対戦とのこと。アジア戦略はどのクラブにとっても重要課題なんですね。

いずれも真剣勝負ではないけれど、親善試合だからこそ個人技など派手なプレーが飛び出しやすいという見方もできる。すべてのスター選手が参加するかは微妙でも、ファンなら生のユニフォームを観るだけでもうれしいはず。せっかくだから楽しんでしまいましょうよ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト