ジーコ日本よ、予選突破を決めてくれ!

W杯出場権確定をかけた、アウェー2連戦がキックオフ!

2005.06.02 THU

ジーコ監督とその仲間たちが、ドイツへの正念場を迎える。ワールドカップアジア最終予選のバーレーン戦と北朝鮮戦が、それぞれ6月3日と8日に行なわれるのだ。

ここまで2勝1敗の勝ち点6で2位の日本にとって、より重要なのはバーレーンとのアウェーゲームだ。ここで勝利を収めれば、勝ち点4で3位のバーレーンとの勝ち点差が「5」となる。そのうえで北朝鮮戦を引き分け以上で乗り切れば、イランとの最終戦を待たずに2位以内が確定する。日本がイランに負け、バーレーンが残り2試合に連勝すると勝ち点10で並ぶが、そこでの順位決定は直接対決に委ねられる。2連勝の日本がバーレーンを上回るわけだ。

北朝鮮戦の引き分け以上という条件は、第三国での無観客試合となったことでさらに現実的となった。平壌でのゲームには、日本を敵対視するアウェーの観衆と不慣れな人工芝という障害があった。だが、タイでのゲームにはマイナス要素が少ない。バーレーン戦から中4日というタイトな日程も、3月の連戦で経験済みである。

5月下旬に国内で2つのテストマッチを消化したチームは、UAEでの最終調整を経てバーレーン入りした。小野伸二と稲本潤一は一週間前から合流しており、体調面の不安はない。直前でチームに加わった中田英寿と中村俊輔も、すでに戦闘モードにシフトしているはずだ。

中田英は3月のバーレーン戦を最後に、2か月以上も実戦から遠ざかっている。しかし、「コンディシンをみたうえでの判断だが、ベンチスタートは考えていない」と、ジーコ監督の信頼は揺らいでいない。

最後にこんなデータを紹介しよう。ジーコ監督就任後の日本は、国外のゲームで13勝3分け4敗という高い勝率を誇っているのだ。テストマッチ2連敗と不安を抱えての出発となったが、セリエA残留を決めた中田英と中村は精神的にフレッシュな状態で合流してくるはず。敗戦のイメージのない彼らが予選突破のキーマンだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト