夏休みの予定がない、という人へオススメ

ビールに花火に野球!夏こそ“屋外スタジアム”が楽しい!

2005.07.21 THU

海や山など夏の楽しみは多いけど、忘れちゃいけないのが真夏の野球場。特に屋外スタジアムの開放感は、この季節にこそ醍醐味がある。で、屋外球場を本拠地にしている首都圏のプロ3球団に問い合わせたところ、どの球団も楽しそうなイベントが目白押し!

たとえば横浜スタジアムは、8月31日と9月1日の広島戦で「ビール飲み放題付きチケット」を発売。通常4000円の指定席Aにビール、ソフトドリンク飲み放題の特典がついてプライスはそのまま! まさにスタジアムがビアガーデン状態だ。

「8月は『ブルーサマーフェスタ』として、選手が期間限定のユニフォームで試合をしたり、スタジアム内で縁日を開催する予定です」(横浜ベイスターズ)

一方、都心に位置し、アクセスの良さを誇る神宮球場はどうだろう。

「8月の主催試合では『夏休みラッキーチャンス』として来場者の方にチャンスカードをお配りし、ヤクルトの選手のナイスプレーごとに抽選をします」(ヤクルト球団営業部)

商品はバットやサインボール。選手が活躍すれば抽選の数も増える。ファンには嬉しい限りだ。また開場時間を早めて普段は見られないホームチームの練習も公開。仕事を早く切り上げて行ってみる?

最後は今年好調の千葉ロッテから。本拠地の千葉マリンスタジアムは海のすぐそば。これほど夏が似合うスタジアムはない。「8月2日は“シンフォニック・マリスタ・ナイト”としてスタジアムにオーケストラが登場。また3日~9日はマスコットのマー君の誕生日を記念した企画を予定しています」(千葉ロッテ企画広報部)

さらに現在、毎試合5回裏終了後に300発の花火を打ち上げ中。野球と花火をいっぺんに楽しめるのも屋外球場ならでは。

3球団とも「屋外スタジアムはビールがうまい!」と口を揃えてアピール。ドームもいいけど、真夏の夜空の下で野球観戦するのもオツなものですよ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト