欧州サッカー本格開幕!

有名選手が東へ西へ大型移籍をまとめてみました

2005.09.08 THU

欧州のリーグがついに開幕した。今シーズンも大物選手の移籍が盛んに行なわれ、リーグ優勝、さらにはチャンピオンズリーグ優勝を目指し、激しい試合が展開されそうだ。

注目はアーセナルからユベントスに移籍したフランス代表のヴィエラ。そのヴィエラとエメルソンが組むセンターハーフは欧州最強の呼び声もある。ヴィエラにとっては、ユベントスで悲願のチャンピオンズリーグ優勝を狙いたいところだろう。また、現在イタリア最高のFWと言われ2年連続23 ゴールを決めたジラルディーノは、パルマからスクデット奪回を目指すACミランに移籍。チャンピオンズリーグの舞台に登場する。ミランはさらにライバルのインテルからビエリを獲得し、シェフチェンコを含めたFW陣の破壊力はリーグ屈指。加えて、左アウトサイドには、チェコ代表のヤンクロフスキーを獲得し万全に近い補強に成功。

“銀河系軍団”のレアル・マドリードには、ブラジル代表のロビーニョが加わった。そのロビーニョの加入により、押し出された形になったイングランド代表のオーウェンは、プレミアリーグのニューカッスルに移籍。わずか1年でスペインを去ることになった。そして、チェルシーのアブラモビッチ会長が今シーズンもやってくれた。ACミランにレンタル移籍していた、アルゼンチン代表のクレスポを戻し、リヨンからガーナ代表のMFミカエル・エシアンを、実に51億円の移籍金で獲得。その移籍金に見合う活躍ができるのか注目したい。

大型移籍に踏み切ったのが、セリエAのインテルだ。レアルからポルトガル代表のフィーゴ、アルゼンチン代表のMFソラーリ、DFサムエルを獲得し、ウディネーゼからチリ代表MFピサロも獲得。17シーズン振りのスクデットを狙っている。

大型補強に見合った成果が出るかどうか。欧州リーグから目が離せない。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト