「ハマの大魔神」がついに引退

最後まで「スター」だった佐々木主浩の引退登板

2005.09.08 THU

これほど物議を醸した「引退試合」も珍しい。8月9日、フルキャストスタジアム宮城で行われた巨人ー横浜戦。「ハマの大魔神」佐々木主浩が、故郷・仙台で親友にしてライバルである清原を相手にプロ生活最後の投球を披露した。しかし、まだ消化試合でもない時期に、登板場面まで志願した佐々木に対して球団も報道も賛否両論。結果的に「晩節を汚して」しまった印象は拭えない。

佐々木は間違いなく記録と記憶に残る名投手でありながら、自由奔放なプライベートで週刊誌を騒がせることも多々あった。それも大物の証といえば証ともいえるし、真偽は当事者にしかわからない。ただ、佐々木の偉業を振り返ると、引退くらいは、万人から讃えられてほしかった気がする。

あまりにもインパクトの強い活躍の陰に隠れているが、佐々木の野球人生は常にケガとの闘いだった。高校から大学時代を通じて悩まされたのは椎間板ヘルニア。意を決して受けた手術は医学界でも注目された大手術だった。肘にメスを入れることも、プロ入り後2度。今年5月には、ひざの手術も行っている。そもそもプロ入りすら腰痛への不安から疑問視する意見があったほど。本人が冗談めかして「手術は趣味ですから」と語ったこともある。佐々木は常に体の不安と背中合わせの状態でプレーしてきたのだ。いろいろな声はあるだろうが、佐々木が野球に強い執着を持っていたことだけは確かだろう。

厳しい見解もあった引退試合だったが、逆に今、引退がこれほど話題になる選手は何人いるだろうか。日本プロ野球史上、これほど長い間、ストッパーとして活躍した一流選手は佐々木が初めてだろう。かつては「ストッパーは3年が限界」「短期間しか活躍できない」とよく言われたものだが、佐々木はそんな常識を覆してみせた。しかも、体に爆弾を抱えながら―。

佐々木主浩の引退。それが一時代を築いた「スター」の幕引きであったことだけは間違いない。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト